社葬の種類

故人を送る際の花

企業が故人を送る

個人で行われる葬儀ではなく、会社が行うものを社葬と言います。
対象となる方は、会社社長、会長職などの重要な立場にある方や、殉職した社員などです。
その貢献をたたえ、企業として故人を送るための大切な儀式となります。

お別れ会

そんな社葬にも様々な種類があります。
社葬とはいっても、それぞれの生前の意思を残しておくことも増えています。
そうした希望にのっとった形で行われることも増えているからです。
また会社が新体制のもとでも、これまでと同じように、もしくはさらに、大丈夫だという
アピールの意味でも行われることが多かった社葬ですが、
近年ではそういった「世間へのアピール」といった面も強くなってきています。
一般的に葬儀というと、宗教的な性格を持った儀式であることも多いのです。
しかし、そういった意味合いが薄まってきているケースも多いようです。

そういったタイプの「社葬」が、「お別れの会」などと呼ばれるものでしょう。
どのような思いでその会が開かれるのかにより、名称は変わっています。
そして、内容についても様々です。今までのような宗教的な形式にのっとって行われるわけではなく、
故人の生前の思い出映像が流されたり、故人が生前「このようにしたい」と言っていた
希望をかなえる形であったりもします。このようなタイプの社葬の場合は、故人が亡くなった直後、
密葬にて個人葬が行われます。その後でホテル会場などで、より多くの人を招いて、
また対外的なアピールの意味も含めて「お別れの会」を行うことになります。

宗教色を排除し自由な葬儀

会社としては、葬儀よりも、告別式を重視して、さらならアピールをすることを目的とできます。
宗教色を排除することで、より自由に会を取り仕切ることも可能になっています。
故人の意向で、「葬式は本当に親しい人間だけで行ってほしい」というものが
近年増えているようです。これからも増加していく社葬の形なのではないでしょうか。

その他、社葬と、個人葬の合同で葬儀を開くというタイプが合同葬と呼ばれるます。
合同葬の場合は、ご遺体が火葬されるまでが葬儀の流れに組み込まれていて、
故人の家族の宗教で行われることが多いです。
この場合は、葬儀費用を企業と遺族の話し合いで決定することとなります。
別にするよりも経済的な負担が減ることが多いので、中小企業などでよくみられるタイプのものです。
ただ、合同葬の場合、社葬までの時間が本当に短いことになってしまいます。

個人葬でもバタバタすることが多い葬儀準備ですが、それが社葬となり、弔問客も増え、
失敗も許されない、となると、かなり準備が大変なものになってしまうでしょう。
そう考えるとやはり葬儀は専門家に任せたほうが良いかもしれませんね。
例:葬儀なら信頼の葬儀社【公益社】
それぞれのメリットとデメリットを考え、遺族にとっても会社にとっても
一番いいタイプの社葬について、きちんとした話し合いで決められるといいですね。