社葬で気になること

数珠

疑問に思う香典について

社葬は会社としての、大きなひとつのセレモニーとなります。
そして、対外的にも重要な役割を持つものだと言えるでしょう。
失敗できないセレモニーだからこそ、あれこれと気になることも多いのではないでしょうか。

まず、一般の葬儀の際にも疑問に思うことが多いのが「香典」についてです。
葬儀とは切っても切れない関係にあるもので、失礼のないように、と考えると、
「一体どうしたらいいのか」と、迷うことも多いものです。

社葬となった場合でも、香典は弔意を示すもので、遺族に渡されるのが普通です。
この香典ですが、個人が受け取る場合には、妥当な金額であれば税金かかりません。
が、社葬として行い、企業として香典を受け取った場合には、雑収入として扱わなくてはなりません。
社葬で香典を出し、遺族が受け取った場合には、香典返しも遺族が個人で行うこととなります。

香典っていくら包めばいいの?

気になる香典の金額についてですが、「お得意先の社長が亡くなった場合」に、
会社代表として社葬に出席する場合には、3万円~5万円程度であることが多いようです。
相手との付き合いを考え、5万円にするのか3万円にするのか2万円にするのか、
といった線で検討していくのが良いかと思います。もちろん。相手との付き合いによっては、
このケースが当てはまらない場合もあるので、ケースバイケースで対応しましょう。

そして、どうしても参列できない場合についてどうしたらいいか。
この場合は、お悔みの気持ちだけでもしっかりと相手に伝えるようにしましょう。
その際に利用するのが「弔電」です。個人葬の場合、宛先は喪主ということで簡単なのですが、
社葬の場合には葬儀責任者や主催者あてに贈る必要があることが多いので注意が必要です。
「どこに送ればいいのか」ということを事前にチェックしておきましょう。
内容については、失礼のないよう、きちんとした文面である必要があります。
例文などを参考に作るのもいいですね。注意しなければならないのが、差出人の名前です。
会社として社葬に弔電を送る場合の差出人の欄には、会社名だけでなく社長名も入れましょう。
最近はインターネット上で弔電受付などもあり、スマートに送ることが可能です。
例:祝電・弔電なら電報のD-MAIL

供花について

他に気になることが多いのが、「供花」についてです。
こちらも故人への気持ちを伝えるものですが、最近は、供花を辞退している社葬も増えているので
注意が必要です。供花は贈っていただいた場合には式場に並べて飾られることになりますが、
その並び順でトラブルになる可能性もありますし、また、どれくらいの数の供花があるのかによって、
会場の様子も変わってきてしまいます。多すぎても少なすぎても困ったことになってしまいますからね。
辞退している場合、案内状や新聞上でのお知らせにて、その旨が記載してあることもあります。
なのでチェックしておきましょう。
記載がない場合でも、贈り先の気持ちを確認する必要があります。

「供花料」としてお渡しして、企業側が一括で供花を注文すると言った場合もあるからです。
どういった形でも、社葬を行う会社の意向に沿う形で準備しましょう。

社葬を行う側は、供花お断りならば、もちろんそれをお知らせする必要があります。
事前の案内状や新聞でのお知らせをしてもいいです。
会場に、供花辞退の看板などを設置するのも良いでしょう。
同時に会場を飾る供花の手配が必要となります。