気になる費用について

仏前

事前に費用は決めておく!

愛する人が亡くなった直後に考えなくてはならない葬儀のこと。
もちろん、故人が望んでいたことはすべて形にして、誰にも文句が付けられないような立派なお葬式をする、というのもいいのですが、葬儀と言うのは、タダでできるものではありません。
一般的には、かなり費用が高額になってしまうことも多いものです。
また、忙しい中で決めていかなくてはならないことも多いので、費用のことをつい後回しにしてしまいがちですが、実際に葬儀に関する費用のトラブルというのは多いものです。
事前にきちんと把握して、トラブル回避をしたいでしょう。
葬儀の費用は、葬儀を執り行うために必要な費用(棺や祭壇などを含めた、葬儀社に支払うお金となります)のほか、精進落としなどの飲食接待費、斎場の使用料や火葬費用、お布施などから成り立っています。
葬儀社に葬儀についてお任せをすると、飲食接待費や斎場使用料、火葬費用、そして香典返しなどをお願いした場合も、これらのお金は葬儀社に一括して支払うことになります。
一般に「葬儀費用がわかりにくい」「思っていた以上に高額の請求をされてしまった」というトラブルの原因は、このあたりにあることも多いようです。
お葬式には、決められている「定価」というものがあるわけではありません。
グレードやプランによって、それぞれの葬儀社が独自でお値段を設定しています。
また、宣伝方法として「プラン一式で○十万円」といった方式を採用している場合も多くあります。
この、プラン一式に何が含まれていて、何が含まれていないのかをきちんと確認しておく必要があるでしょう。
できれば、「棺桶のお値段がこれだけ、祭壇の費用がこれだけ」などと、それぞれ具体的な値段を提示し、セットプランだからこれだけお得になります、などといった丁寧な説明があると、信頼できる葬儀社と言えるかと思います。

事前に見積もりをし金額を確認する!

忙しい中でも、きちんと見積もりをしてもらい、そこに含まれていない金額はないのか、ということまできちんと確認しておくのがベストです。
総額でいくらかかるのかが大事なことですからね。
同じ葬儀社にお願いしても、葬儀のグレードによって、そのお値段は大きく変わってきます。
誰が見ても立派な祭壇やお花は、もちろん素晴らしいものですが、費用のこともきちんと考えて、自分たちにとって一番いい葬儀の形を見つけましょう。
故人が生前、闘病をしていた場合などには、治療費ですでに大きなお金がかかってしまっている場合があります。
こうした場合には、頂ける香典の額を見積もっておいて、その額に合わせた葬儀をする、という選択肢もやむを得ないのではと思います。
葬儀代が、残された遺族のこれからの生活を圧迫してしまっては、元も子もないですからね。
気になる葬儀費用の平均ですが、地域によって異なります。
あくまで平均ですが、葬儀費用が高い地域と低い地域では、その差が100万円ほどにもなるそうです。
全国の平均では、総額の平均はおよそ230万円ほどと言われています。
葬儀社の中でも低価格化が進んでおり、会社によっては、もっと安く葬儀を行える場合もあります。
が、満足できる葬儀を執り行うためには、価格以外の面でも、きちんとチェックして、葬儀社選びをするのが良いでしょう。