施主とは・・

聞きなれない施主とは

喪主という言葉に比べると、施主という言葉はそれほど聞かないようにも感じます。
個人葬では、喪主=施主とされ、その役割も兼任されることが多いためかもしれません。

喪主とは、葬儀の中心、遺族の代表となり、弔問を受ける役割となります。
施主とは「布施する主」という意味。
言葉通り、葬儀や法事にかかる費用を負担し、葬儀を運営していく立場の方となります。
こちらも大きな意味では「葬儀の代表者」とも考えられ、喪主と兼任されることも多いのです。

必ず喪主=施主でなくてはならない、というわけではありません。
例えばご主人が亡くなられた場合に、奥様が喪主を務められ、
息子さんが施主を務められる場合もあるでしょうし、またその逆の形もあります。

また、喪主と施主が違うケースには「社葬」が挙げられます。
社葬とは、会社の重要人物が亡くなった時に行われるもので、様々なスタイルがありますが、
企業が行う葬儀となります。この場合は、喪主は遺族ということになりますが、
施主は企業ということになります。金銭面の負担をするのは企業となるので、
このケースでも喪主と施主は別となります。

喪主と施主が異なる場合

喪主と施主が違っている場合には、葬儀の打ち合わせを葬儀社の方とするときに、
どちらも同席する必要があります。金銭的な負担をするのは施主となりますが、
遺族の代表となっているのは喪主だからです。故人の生前の希望なども一番よくわかっているのが、
おそらく喪主や遺族の方でしょう。そういった「気持ち」をきちんと確認し、
具体的に葬儀の内容を決め、中身を決定していくことで、心のこもったいい葬儀となることでしょう。

誰かが亡くなったあと、葬儀までの間というのは、深い悲しみの中にあります。
いろいろな方面への連絡や、決めなくてはならないこと、そして細々とした用事があり、
忙しいというのが実情です。特別な理由がない場合は、喪主=施主とした方が、
打ち合わせなどもスムーズに進んでいくのかもしれませんね。

喪主と施主は分けた方がいいの?

逆に喪主と施主とを分けた方がいいような場合も紹介していきます。
例えば、娘婿が故人の家業を継いでいるような場合。
故人の配偶者が喪主を務め、家業を継いでいる娘婿を施主として、取引先などへの対応をすることで、
葬儀自体も、その後の会社運営もスムーズにいくと考えられそうです。
その他、喪主を未成年の方が務める場合にも、その他の親族の成人の方が
施主を務めるというケースもあるでしょう。

規模にもよりますが、費用というものは決して安いものではありません。
それを誰が負担するのか、ということは、それぞれの家族で話し合い、決めるのが一番いい方法です。
現代では、特に「施主」として名前を出す必要もなくなってきています。

例えば、お父様が亡くなった場合、お母様が喪主を務めるのが一般的です。
が、金銭的な余裕がないので、兄弟で葬儀費用を分担・・と言った場合には、
喪主としてお母様の名前だけを出し、葬儀費用は兄弟で、というのも、よくあるケースとなっています。