その他の重要な役割

世話係としての役目

葬儀においては喪主や施主以外にも大切な役割がいくつもあります。
協力して運営にあたることで、スムーズに式を進めていけます。
どのような役割について事前に確認しておくことで、トラブルも起こりにくいのではないでしょうか。

大切な役割としてあげられるのが、まず「世話役」です。
現代では、葬儀は葬儀社にお願いすることも多いため、
この世話役の役割は葬儀社の担当者が務めることも多いでしょう。

しかし喪主が表立って弔問を受ける代表者ならば、
葬儀がスムーズに進んでいくように裏から目を配る、影の代表者です。
信頼できる方にお願いしておくのも良いでしょう。
あらかじめ喪主や僧侶、葬儀にかかわるいろいろな方との打ち合わせをしっかりと行って、
当日の流れがスムーズに流れていくように確認していくのが大きな仕事となります。
葬儀開始前の準備、人数確認、式次第の確認、席次や焼香順のチェック、などなど・・。
問題なく進めていくために、世話役の仕事は大切なものだと言えるでしょう。

会計係としての役目

次に、これもまた大切な仕事なのが「会計係」です。
葬儀にはお金の流れが結構あります。葬儀社にお願いする場合には、
葬儀社に支払うお金が発生します。
どこの葬儀社にお願いするのかによっても違ってきますので、
価格の面でもすっきりとした気持ちでお願いできるところにお願いするのが良いですね。
僧侶へのお布施、細々としたものの購入など。
葬儀の準備や最中に出ていくお金というものは結構あるものです。
また、香典として入ってくるお金もあります。
こうしたお金の出入りをすべて把握していくのが会計係の仕事となります。

お金にかかわることなので、特に信頼できる人にお願いすることが大切です。
葬儀であわただしい中、大きな額のお金が動くと、トラブルになりやすいものです。
小さなお金の動きもしっかりと帳面につけ、また、葬儀にかかわった出費については、
すべて領収書をもらっておくようにしましょう。葬儀費用は後で税金控除の対象となります。
※税金控除についての詳細はこちら

受付係としての役目

このほか、受付で弔問客の応対をするのが「受付係」です。
名前や住所を記帳してもらい、弔電や供物・供花、花輪などの受付窓口ともなります。
香典を受け取り、それを会計係へと渡すのもお仕事となります。

接待係や台所係は、弔問客や僧侶、お手伝いの人などへお茶や食事を用意する係となります。
会食の予定がある場合にはその手配も重要になります。
交通係や駐車場係は、弔問客に駐車場の案内をしたり、最寄りの駅からの順路案内をしたりします。

どの役割もとても大切なものですが、お願いする葬儀社によっては、
こういった役割を行ってくれる人をプランに組み込んでいる場合もあります。