葬儀の流れ

病院の一室

仏式・神式で大きく異なる

葬儀に慣れている人と言うのは、めったにいません。
ほとんどの方が、身近な人の死に接した際に、いろいろなことに戸惑いながらも葬儀の準備を整え、故人を送り出すものです。
そういったときに、葬儀とはどのような流れで進んでいくものなのか、気になるものではないでしょうか。
一般に葬儀の流れというのは、どのような方式で葬儀を執り行うのかによっても変わってきます。
例えば仏式で行うのか、それとも神式で行うのかによっても、その流れは大きく異なってきます。
現在では、もっと自由な葬儀の形として、無宗教で行ったり、密葬とするケースも増えてきているのです。
このような場合も、またその流れは大きく異なります。
一言でいえば、葬儀社に葬儀の依頼をする場合には、葬儀の流れを把握しておく必要はありません。
その時に何をするべきなのか、また次に何をする必要があるのかなどを、適切にサポートするのが、葬儀社の担当の方のお仕事だからです。
なので、遺族は、葬儀社の方に言われたことを、次々に決め、行っていくという方法で、葬儀を執り行うことができます。
ですが、すべての葬儀社が、このような適切なサポートをしてくれるとは限りません。
しっかりとサポートしてくれるいい葬儀社を選ぶということが、重要になりますね。
それでも一応は葬儀の流れについて把握しておきたいと言う方のために、簡単に葬儀に関する流れについて説明します。

葬儀までの流れ

まず、医師から最悪の状況を告げられたら、親しい人に連絡をとりましょう。
親族や親しい友人などが主な人となりますが、本人が合いたい人に会ってもらうのがベストと言えるでしょう。
臨終となったら、末後の水をし、死亡診断書を発行してもらいます。
その後、遺体を自宅、もしくは直接斎場まで運びます。
寝台車を利用して運ぶことになるのです。
事前にお願いする葬儀社が決定している場合には、その葬儀社に連絡してお願いしましょう。
まだ決定していない場合でも、病院にはたいてい契約している葬儀社があります。
そこでお通夜・葬儀を依頼するかどうかは別として、自宅への搬送だけを依頼することも可能です。
遺体を搬送してもらったら、枕飾りなどをして安置します。
病院でもらった死亡診断書は、役所に提出します。
葬儀に間に合うよう、届け出ましょう。
故人と縁のあった方に連絡をします。
また、葬儀社との打ち合わせ、お寺などへの連絡もすませましょう。
葬儀の形式や規模、また喪主は誰が務めるのかなども決定していきます。
故人の遺体は湯灌の儀のあと、化粧を施し、納棺します。
その後は通夜・葬儀・告別式・出棺・火葬・会食と段取りが進んでいくのです。
やらなくてはならないことも多いですし、素早く決定していかなければならないこともたくさんあります。
滞りなく進めていくためには、やはり、信頼できる葬儀社にパートナーになってもらうのが、一番賢い方法と言えるかもしれません。
必要な手配はすべてしてもらえますし、お花や料理、香典返しなど、どこに何をお願いすればいいのか、迷ってしまうこともたくさんですが、葬儀社にまかせておけば、そうしたことで困ることもないでしょう。
そういう点からすると、葬儀の流れの中で、一番失敗できないのが、最初の「葬儀社選び」とも言えるかもしれませんね。