役割の決め方

よく話し合って役割分担する

葬儀にかかわる様々な役割をどのように決めるのかは、葬儀の準備の大切なステップとなります。
まずは「喪主」です。これは必ずお通夜までに決めておかなくてはいけません。
基本的には「故人と最も縁の深い人」が務めることになります。
故人に配偶者がいる場合にはその方ですし、いなければ長男長女といった場合が多いようです。
ただ配偶者がいる場合でも、高齢で喪主を務めることが難しい場合などには、
子供が喪主を務めることもありますし、具体的に「誰でなければならない」ということではありません。
遺族でよく話し合い決定しましょう。

喪主とは別に「施主」を置く場合にはこちらも決めておかなければいけません。
施主は、葬儀にかかる金銭面の負担をする方です。
どうしても置かなければいけないものではなく、現代では喪主=施主であることも多いので、
遺族で話し合って決定しましょう。

世話役に向いている人

世話役の代表は、葬儀当日の進行のすべてをお任せする方となります。
年長の方で、知識・経験ともに豊富な方がぴったりでしょう。
会社関係の場合には職場の総務担当者などが行う場合もありますし、
近年では葬儀社の担当者の方が行ってくれる場合もあります。補佐役が必要なときには、
遺族から1名選ぶと、当日の連絡などもスムーズに行えるのではないでしょうか。

会計係に向いている人

会計係は、多額のお金の出納を管理する大切な役割です。もっとも信頼できる方にお願いしましょう。
また2名以上の方にお願いし、きちんとチェックできる体制を整えておくことも大切です。
1人を親族にお願いするのなら、もう1人は会社関係の方にする、など
異なった立場の方2人にお願いするのが望ましいです。

受付係

受付係は、近所の方や会社関係の方にお願いすることが多い役割となります。
お願いできることはお願いして、葬儀が円滑に進められるようにしましょう。
近所で助け合いのネットワークがある場合にも、こうした役割をお願いすることが多いです。

台所係

台所係や接待係は、台所仕事に慣れている方にお願いするのが望ましいです。
こちらも近所の人にお願いすることも多い役割となります。親族の中から接待係を決める場合には、
比較的故人と縁が遠い女性がやることが多いようです。
ごく内輪での葬儀の場合には、お孫さんなどがお茶係などを手伝うことも多いです。

駐車場係

駐車場係は、若い男性が行うことが多いです。親族の場合には故人と比較的縁の遠い若い男性、
会社関係の場合には職場の若い男性などです。
こちらの役割も、近所での助け合いの組織がある場合にはそこから人を出してもらえることもあります。
その他、必要な係があれば、必要な人数とともに書き出しておいて、
きちんとお願いできるようにしておくことが大切です。
どの役割を、どんな方にお願いすればいいのか迷った時には、
葬儀社の担当の方にアドバイスを求めるのもいいかと思います。
こういった役割は頼まれると、正直「面倒だな」と思ってしまうかもしれません。
葬儀は誰の身の上にも起こることです。相互扶助の気持ちで、気持ちよく引き受けるようにしましょう。