喪主とは・・

円滑な進め方

葬儀は様々な人間が関わりとり行われます。
役割を上手に分担することで、葬儀を円滑に進めていくことができるでしょう。

葬儀の中心ともいえる役割が「喪主」となります。

喪主には、故人と特に近しい人がなります。
故人が結婚していた場合には、配偶者が喪主になるのが一般的です。
様々な事情により配偶者が喪主になれない場合には、その方の子供(主に長男や一緒に暮らしている方)
が務めることになります。喪主というのが、葬儀における遺族の代表者となります。

挨拶などがあるのはもちろんですが、葬儀の一連の流れを取り仕切っていくのが喪主の仕事となります。
責任のある仕事が任されるわけですから、プレッシャーも大きいものでしょう。
亡くなってから、遅くてもお通夜の前までには決定しなければならないものなので、注意が必要です。

喪主の役割

葬儀の中で遺族の代表者となる、と聞くと、葬儀中もさぞ忙しいのではないか、と思ってしまいますが、
そうではありません。葬儀中の様々な実務は、世話役などの方にお任せすることになり、
喪主は弔問を受けることが一番の仕事となります。僧侶や弔問客の出迎えやお見送りも、
別の役割の方にお任せして、祭壇の前に座ったままで弔問を受けることになります。
まだ年若い方が喪主を務める場合には、「年配の方や目上の方に対してもそのような態度では、
失礼にあたらないのか?」と不安に感じてしまいそうですが、大丈夫です。
失礼にはあたらないので安心してくださいね。じっくりを腰を据えて、弔意を受けてください。

喪主を務めると、お悔みの言葉をかけられることも多いことと思います。
その気持ちは嬉しいですし、その弔意への返事をしたいと思うことも多いかと思います。
何と言葉にしていいものかと悩むことも多いのではないでしょうか。
そういったときは「お忙しい中、恐れ入ります。」などと短く応えるのが良いでしょう。
大切なのは、すべての弔問客に対して平等に接する、ということです。

会葬者の焼香時には、遺族に対しての一礼があります。そのときには目礼で返しましょう。
僧侶退席の際には丁寧に頭を下げ、退席していただきましょう。

喪主の務め

さて、喪主を務めるときに、避けて通れないのが、各種挨拶です。
告別式、精進落としの際、喪主として会葬者に向けて、挨拶をする必要があります。
どのようなことを話せば良いのか、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。
もちろんどのような内容で挨拶をするのかは、自分の好きに決めて構いません。
挨拶は苦手で・・という場合には、シンプルに済ませてしまうのもひとつの方法でしょう。
今はそういった文例集なども多くありますので、参考にしてみるのも良いですね。
「葬儀に来てくれたことへの感謝」と「生前お世話になったことへの感謝」、
そして「遺族への今後も変わりない支援」をお願いすることをポイントとして文章を組み立てると、
上手くまとまるのではないでしょうか。