天台宗の葬儀マナー

天台宗とは何か?知識を持っておくと葬儀の時にも役立つ

葬儀については故人が菩提寺としているところがあれば、その宗派に沿って執り行われます。
そのため、利用してはいけない祝儀袋や、弔事などを依頼された時に利用してはならない言葉などもあります。

社会人として葬儀のマナーを覚えておくことはもちろんのこと、葬儀を執り行う宗派の違いなどについてもある程度の知識を持っておくことが求められます。

日本で行われる葬儀は多くが仏式になりますが、最近はキリスト教式も多くなっていますし、神式で執り行うこともあります。
今回は天台宗で葬儀を行う場合のマナーなどについて紹介します。

天台宗とはどういうところなのか

天台宗は法華経を根本経典としている大乗仏教です。
陰の智顗と呼ばれる方が575年に天台山にこもり大成したといわれています。

日本にこの天台宗がもたらされたのは奈良時代の事で、唐の僧侶、鑑真という方が初めて伝えたとされ、平安初期になって最澄が滋賀県比叡山の延暦寺をたてて開祖ということになりました。

天台宗の御本尊は釈迦族の聖者といわれている釈迦無二如来です。
こうした天台宗の教えに基づいた葬儀というのはどのような葬儀になるのでしょうか。

天台宗の葬儀とはどういう葬儀なのか

天台宗の葬儀は、受戒と引導が主軸となっており、仏の供養と念仏によって功徳をもって故人のご冥福を祈るというものです。
この受戒というのはどういうことなのかというと、仏門に入るもの、葬儀の場合はこの仏門にはいる者が故人ということになりますが、この仏門にはいる者が僧侶としての戒律を授けるという儀式になります。

引導というのは、故人が迷うことなく悟りを開けるように法語を唱える事を表しています。
この受戒と引導ということが中心となって葬儀が進みます。

天台宗の葬儀のお焼香などはどのように行うのか

天台宗の葬儀の中で行うお焼香は、数などよりも、故人を祈る気持ちが大切とされているため、回数に定めはないとされています。
ただ多くは、左手にお数珠をかけて1回若しくは3回行います。

この際、他の宗教の場合、お香の所作などがありますが、天台宗は所作よりも祈る事、念じることが大切とされているため、特に所作にはこだわりを持っていないといいます。
お焼香の数が一回というのは、一念三千という教えからで、これは、一念の心に三千の諸法が備わっているという天台中の教えからです。
3回の場合、仏、法、僧という三宝からなるもので、仏はお釈迦様の教え、方は仏様の教え、僧は、僧侶、またその教えを広めていく僧侶の事をさしています。
こうして天台宗の葬儀についての考え方を理解すると、心を込めて故人を祈る、念じるということが主軸となっている葬儀ということがわかります。