神式葬儀(神葬祭)のマナー

神式の葬儀は仏式とかなり違います

通常日本では仏式の葬儀が多いのですが、神式で行う葬儀もあります。
神式の場合、仏式とはかなり違う方法で葬儀が行われますので、しっかりその内容を理解しておくこと、また考え方を理解しておくことが必要です。

人がお亡くなりになると、神棚、祖霊舎に帰幽(お亡くなりになったこと)したことを報告します。
病気などで祈願した神社については、祈願を時、産土神社(土地の氏神様)に帰幽を報告します。

通夜にあたる通夜式と葬場祭の儀

仏式では人がお亡くなりになるとまずお通夜を行いますが、神式の場合、通夜祭を行います。
死亡した後、葬儀を行う前絵遺体のある場所で生前と同じように礼を尽くすという儀式です。

通夜祭ではなく遷霊祭と呼ばれる儀式もあり、通夜とは別の儀式となります。
出棺の前に故人の霊をうつすという儀式で、みたまうつしとも呼ばれます。

この後、仏式の葬儀、告別式に当る葬場祭の儀がおこなわれます。
通夜、葬儀の際に通常仏式で行うお焼香やお線香を手向けるということがなく神式は玉串法典という仕儀気がありますので、その方法をしっかり覚えておくべきです。

神式葬儀のマナー、作法について

神式の場合、まず葬儀の前に参列者が心身を清めるために、手水の儀を行います。
地域によって違いがありますが、通常、桶に入れた水を柄杓ですくって3回に分けて両手を流します。

柄杓で水をすくいその水を左手に受けて口の中を清めます。
清めたら白紙で両手を拭きます。

こうした手水の儀を行ってから、玉串法典を行います。
祭壇に進み遺族、神官に一礼してから榊の小枝に白和紙の飾り、シデがついている玉ぐしを受け取り、神官に一礼します。

左手の手のひらを上にして、葉先中央部分をのせて右手をかぶせるように枝の方を軽くつまみ受け取ります。
玉ぐしを旨の高さまで上げてから根元を手前真っすぐ持ち、左手を根元に、右手に枝先という様に持ち替えて時計回りに回転させて向きを整えます。

一歩下がって二礼二拍手し、両手を下にしてから一礼、そのまま二歩下がって向きを変えて神官、次いで遺族に一礼し、自席に戻ります。
普段行っていないことなのですが、神式のこうした玉串法典は、七五三などの際に、神社にお参りに行った際などに、少し違いがありますが、同じような事をした記憶がある方も多いと思います。

神式になれていない方も多いので、神式での葬儀の場合、葬儀会場のスタッフ、また葬儀会社の方などがその方法を横で指導してくれるということもあります。
わからない時にはどのようにすればいいですか?と聞けば、葬儀会場のスタッフの方が指導してくれますので、それに合わせて行えば問題ありません。