真言宗の葬儀マナー

真言宗とはどういう宗教なのか

弘法大師というと教科書でも習ったことがあるという人も多いと思いますし、本で読んだことがあるという方もいるかと思います。
真言宗は平安時代、空海、つまり弘法大師によって開かれました。

密教が基盤となっている真言宗は、日本で行われる仏式の葬儀の中でも、かなり神秘的というか、独特な所作がみられる葬儀となりますので、参列される際にはある程度頭の中に入れておく方が安心だと思います。

真言宗は手元の細やかな所作が多いとされており、美しい所作でも有名です。
開式の際に五種の印を結び、非常に凛とした空気の中、僧侶が真言を唱える儀式などがあり、非常に神秘的という声も高いです。

儀式、儀礼については故人が本源となる大日如来に帰っていくときに行もので、真言宗の場合、古儀と新義に分けて行われているといいます。
このうちの古儀についても、各派で違いがあり、作法についても宗派によって微妙に違うということもあり、理解しておくことが求められます。

真言宗の葬儀はどんな特徴があるのか

朗署によって成仏を願うお言葉が述べられれて、その後お焼香になり、お焼香の後には個人への往生祈願を行い出棺されます。

お焼香の回数ですが、真言宗の場合、仏、法、僧という三宝に供養する、また弘法大師の教えとなる、三密修行に精進するために、3回置い粉います。
これは三密に十mなうもので、身(からだ)、口(ことば)、心(こころ)に通じるものとされています。

お数珠を左手に持って1回目のお焼香は額の高さ押し付け、2回目、3回目は押し頂く事無く、お香は香炉をくべる儀式を行います。
2回目、3回目はお香を額に押し頂く事無く、お香は香炉くべるのみです。

お線香の数ですが、数が決まっていることはなく、ただし僧侶の中で決めらているということもありますので、僧侶にお線香の数やお焼香の仕方などを聞いておく方がいいと思います。

浄土真宗の葬儀の前に、聞いておきたいことをきちんと聞くことが大切

どのような葬儀もそうですが、近ごろはこうした宗派の違いによるお焼香、お線香の扱いの違いについて、葬儀社、また会館の方がよく理解されているので、こうした業者さんに聞いておくことでもいいと思います。
お焼香やお線香に行くとき、誰かスタッフが誘導し、その所作についても指導してくれるので、わからない場合には葬儀場のスタッフに聞いてみるとか、その前にお焼香されている方の方法をよく見て、その方法で周りの方もお焼香していうようなら、真似して行うといいかもしれません。

お線香の数などについては、基本1本ですが、真言宗などの場合、数字そのものに意味を持っていることもありますので、浄土真宗の場合も、僧侶に訪ねておく、また葬儀会社の方に聞いておくなどしておくと安心です。