創価学会の葬儀(友人葬)のマナー

創価学会の葬儀は友人葬という葬儀

友人葬というのは、従来、葬儀の際には僧侶に来てもらい読経してもらうことが通常なのですが、こうした形式にとらわれることなく、近親者のみで行う葬儀、また告別式などをさします。
この友人葬の始まりは創価学会だったとされ、創価学会の流派の方々はこうした友人葬を行いますし、この友人葬の形がよいと、創価学会の方以外でもこうした流儀の葬儀を行うということもあるようです。
ご遺族と友人が集まり、故人に思いを忍ばせながら送り出すということが趣旨となっているため、心のこもった暖かな葬儀というイメージです。

法華経の方便品と、寿量品の自我偈を読み、南無妙法蓮華経のお題目をとなえることで、心のこもった追善供養ができるとされています。
一般的な葬儀、告別式の流れと同じように進みますので、参列された方も戸惑うことなく行われます。
一般的な仏式の葬儀との大きな違いは、僧侶が読経を行わない、故人を送り出すということがメインとなっているまごころのこもった葬儀にするという趣旨です。

友人葬の始まりは創価学会

友人葬の始まりとされているのは、1991年の創価学会の会員間で行われた葬儀で、僧侶を呼ぶことなく、創価学会信者、また故人の親しい友人だけでまごころのこもった葬儀をしたいと始まったものです。

現代は高齢化が進み、従来のしきたりどおりに費用の掛かる葬儀ではなく、家族葬などの家族だけでしっかりとお見送りする葬儀が行われています。
その葬儀と同じように心がこもった故人を心から偲ぶことのできる葬儀といわれ、注目が集まっています。

近親者だけの葬儀ということもあり、故人との最後の時間をゆっくり過ごすことができるという点や、落ち着いてお見送りできるという点などの魅力や、さらに90歳以上などの高齢で友人等もすでに他界されている方にとっては、近所付き合いなども少なく、こうした場合に友人葬を行うという方も多くなっています。

友人葬に参列される場合の注意点とは

元々創価学会の方々が視線発生的に行ってきた葬儀ということで、友人葬を行う場合、創価学会員の方々が葬儀を行っているということもあります。
そのため、創価学会の方以外の方が参列される場合には、お数珠をもっていかないほうがいいといわれています。

創価学会のお数珠は特有のお数珠となっていますので、それ以外は持っていかないほうがいいといわれていますが、勿論持っていったとしてもそれで怒られるようなこともありません。

お香典もごく普通の仏式同様に持っていかれていいと思いますが、友人葬の場合、お香典はすべて辞退されるということもあります。
服装に関しても一般的な葬儀と同じで、喪服での参列になります。