子供の服装

子供の服装

葬儀などに子供を参列させる場合も、しっかり服装に気を遣わなければなりません。
しっかりとした服装ができていないと、子供自体も不快な目で見られてしまうことはもちろん、親も教養のない人として扱われることになります。
ただ、子供の場合には大人の場合と違って「通夜」と「葬儀・告別式」での服装マナーの違いはありません。

そこでここでは、男児の場合と女児の場合についてそれぞれの基本的な服装マナーについて紹介していきます。
いずれの場合にも共通して言えることですが、学校の制服がある場合についてはそれを着用していくので構いません。
以下で紹介していくのは学校制服がなく別途準備しなければならない場合のルールです。

まずは男児の場合についてです。
男児の場合は、まず黒や紺、茶色などの地味な色をしたジャケットの着用が基本となります。
この際、シャツは白無地のものを選択するようにするべきなのは成人男性の服装マナーと変わりません。

ネクタイも黒を選び、ズボンも黒に近いものを選ぶようにしましょう。
制服の場合なら短パンズボンでも問題はありませんが、自前で用意する場合には子供でも肌の露出は控え、長ズボンのものを用意するのが普通です。
靴下は黒か白を利用するようにし、靴についても光沢のない黒い靴を用意するのがマナーとなっています。

女児の服装

では、女児の場合の服装マナーについても紹介していきます。
こちらも学校制服がない場合に限って必要となる自前の礼服だというのが前提です。

女性の場合にはスーツかワンピースですが、女児の場合にはスーツではなくワンピースを利用するのが普通です。
色は黒かその系統のものにし、色だけではなくデザインについても派手さを感じさせない、質素なものを選択するようにしましょう。
ブラウスは白いものを選び、スカートは黒いものを選ぶようにします。

靴下については男児と同様、黒か白のものが適切です。
靴についても同様で、光沢のない黒い靴を用意するようにしましょう。

女児の場合にはアクセサリー等の着用はさせません。
女性の場合にはマナー違反とならないパールネックレスも女児に着用するとマナー違反になることがありますので注意するようにしましょう。
また、メイクの必要もありません。

万が一髪の色を明るくしている場合については、事前に黒染めをしなおしておきましょう。
最近では女児の染髪もそれほど珍しくはありませんが、弔事の場でそのままにしておくと品格を疑われかねないために、ことさら注意をしておく必要があります。
子供の服装とはいえ、人の死を送る場ですから、最低限のマナーを逸することがないように、細心の注意を払うようにしなければ、様々な問題が発生してしまう可能性があります。