女性の服装

女性の服装

女性の弔事における服装のマナーは、男性に比べて細かく厳しい部分が多いという特徴があります。
そのため、男性の方はフォーマルな平服とだけ捉えておけば良い反面で、女性の場合にはしっかりとマナーに即しているものを把握しておく必要があります。
女性の場合も男性と同様、「通夜」と「葬儀・告別式」で服装のマナー違いがあるので注意しましょう。

まずは通夜の場合についての服装マナーです。
独自の服装マナーが適用されるルールについては男性の服装の方でも紹介している通り、「訃報から間がなかった場合」と「葬儀・告別式にも参列する場合」となります。
通夜に参列する場合については、基本的に地味な平服を着ていくのがマナーとなります。

フォーマルよりの服装であることは求められますが、スーツである必要は必ずしもありません。
ただし、アクセサリー類は外し、華美に見えるようなメイクは控える必要があります。

通夜の独自ルールが適用されない場合と、葬儀・告別式への参列の場合には略式喪服での参列を行なうことになります。
この場合のルールとしては「黒・紺・茶などの落ち着いた色のスーツ・ワンピース」「黒い靴」「黒か肌色のストッキング」が基本となります。
また、当然ではありますが露出は控えるようにする必要があるので、スカートスーツの場合は必ず膝下になるようにしましょう。

女性服装の細かいマナー

では、より細かい部分のマナーについても幾つか添えていきたいと思います。
まずスーツ・ワンピースなどについては地味なものを選ぶようにしましょう。
色合いこそ地味でもデザインが派手な服なども少なくありませんから、避けるようにする必要があります。

また、メイクについても派手にならないように、ナチュラルになるように心がける必要があります。
ネイルについても派手なものが入っているならリムーブしましょう。
地味な色のネイルであれば問題はありませんので、そのまま参列して構いません。

髪色についても、出来れば黒かそれに近い色に染めなおした方がよいでしょう。
ただ、どうしても時間的に難しいということもありますから、可能な限り、という判断で構いません。

アクセサリー類については結婚指輪とパールのネックレス以外は基本的には避けた方が無難です。
また、パールのネックレスを着用する場合には2連のものではなく1連のものを利用します。
結婚式で奇数の縁起が悪いのと同じように、弔事においては偶数の縁起が悪いため必要な配慮となります。

前述してありますが、露出は可能な限り少なくする必要があります。
スーツスカートの場合、どうしても足が見えてしまうことになりますが、生足にならないようにストッキングの着用は絶対に忘れないようにしましょう。