浄土真宗の葬儀マナー

浄土真宗の葬儀はどんな葬儀?

浄土真宗の葬儀に参列されたことがあるという方もいると思いますが、浄土真宗の葬儀については作法がありますので、してはいけないこと、使ってはいけない言葉などがあり、気を付けて葬儀に参列すべきです。
こうした宗派の違いによる葬儀の違いがあるということを、社会人になったらしっかり理解し、どんな葬儀に参列しても恥ずかしい事が無いようにしておかなければなりません。

ある程度の年齢になると葬儀への参列の機会も多くなりますので、神式、仏式、キリスト教式、また宗派による葬儀の違いなども心しておきましょう。

浄土真宗の教えと葬儀

各宗派によって、葬儀に対する考え方などにも違いがあります。
日本では仏式、神式がよく行われていますが、キリスト教式なども多くなっていますので、葬儀について宗派それぞれが行うことをある程度知っておく方が安心です。

浄土真宗の場合、阿弥陀如来の本願力によって、念仏を唱える事で即身成仏できるという教えがあり、この教えによって利用できない言葉、使わない言葉が出てきます。
例えば葬儀に参列する時には、ご冥福をお祈りしますとか、安らかにという言葉を用いることが多いのですが、即得往生、即身成仏できるという教えですから、こうした死後の幸福、冥福を祈るということは行いません。
浄土真宗の葬儀で弔事を依頼される方もいると思いますが、この際に、ご冥福をお祈りします等の言葉は利用せず、「謹んで哀悼の意を表します」という言葉を利用するようにします。

浄土真宗のお香典、表書きに注意が必要

通常、通夜に参列する場合も、告別式、葬儀に参列する場合も、御霊前というお香典の封路を利用し持っていきますが、浄土真宗の場合、即身成仏という教えがあるため、お亡くなりになった時点で仏になるとし、御仏前のお香典袋を利用することになります。
こうした意味を知らずにいると、浄土真宗の葬儀でも御霊前の袋を利用してしまうことになるので、ある程度、宗派の葬儀の違いなどの知識を入れておく方がいいのです。

詳しい知識を持っている方は、勿論浄土真宗を信仰しているという方々だけということもありますが、浄土真宗には御霊前を利用しないということは一般的な知識となってきています。
社会人としてこうしたお香典袋の違い、その違いはどうしてなのかということをよく理解されておく方がいいと思います。

お焼香、お線香のあげかたも独特な作法がある

浄土真宗は本願寺派と大谷派があり、この派の違いによって、お焼香、お線香のあげかたも違ってくるのです。

浄土真宗の本願寺派の場合、お香を額にもっていかずそのまま一回のみくべるという方法です。
しかし大谷はの場合、同じ所作でも二回行い香炉にくべるという方法になります。