浄土宗の葬儀マナー

浄土宗の葬儀を知る前に、浄土宗とは何かまず理解しよう

浄土宗の開祖は法然上人と呼ばれる方で、浄土真宗は親鸞聖人という方です。
浄土宗は南無阿弥陀仏、つまりお念仏を唱えて極楽浄土への往生を祈るという、専修念仏の教えがあります。

法然上人は岡山に生まれ小さい頃に父親を亡くしたことがきっかけとなり出家、比叡山に修行します。
総宝山となっているのは京都の知恩院、大本山は東京にある増上寺です。

浄土宗に帰依したことでも有名な徳川家菩提寺ということでも増上寺は有名で、葬儀を増上寺で行う様に遺言を残されたといわれています。

浄土宗の葬儀とはどのような葬儀になるのか

浄土宗のお葬式は、僧侶が棺の前でお焼香を行い、たいまつを意味する法具を2本、そのうちの1本を捨てるという所作を行います。
この所作は煩悩にまみれたこの世を嫌い、離れますよということを意味しており、もう1本はたいまつで円を書いて文面を読み、読み終えたらたいまつを捨てるという所作を行います。

これは極楽浄土に往生したいと心から祈願し、求めるという意味をあらわすものです。
僧侶は参列者と共にお念仏を唱えますが、この念仏一会という教えも浄土宗の葬儀の特徴的な部分です。

こうしたお念仏を唱えるのは、信仰心を深めるという意味合いと、参列者を阿弥陀仏と結びつける、縁を結ぶという意味を持っています。
お焼香は回数などの定めがありませんが浄土真宗の様にお線香を寝かせるという寝線香を行う所もあります。

お線香の本数やお焼香の回数などは、僧侶の考え方などもありますので、回数やお線香をどのようにすればいいのかなどは、僧侶に訪ねておくといいでしょう。

浄土宗で利用する遺灰とお焼香について

通常、浄土宗のお焼香は額に押し頂き香炉にくべるという方法で行われるのが一般的ですが、寺院によって違いがあるので確認します。

また浄土宗の遺灰には、最初に梵字が利用されているものが多いです。
この梵字はキリークと呼ばれる文字で、阿弥陀仏を表しているものです。

葬儀の式次第をみると流れがよくわかる

葬儀は式次第がありますので、どのような事を行うか理解しやすいです。
浄土宗の場合、導師が入場し香をたき、仏・法・僧の三宝に帰依し、仏様に入場いただき罪を懺悔します。

四智讃(しちさん)を唱えて引導下炬(いんどうあこ)という2本のたいまつの儀式を行い、教義の真偽を会得することを願い、読経を行います。
仏様に救われたことを感謝し、数多くの念仏を唱え、阿弥陀仏の功徳による往生を願い、仏道修行の四願を近い往生を願います。

阿弥陀仏への帰依を誓い仏様をお見送りし、導師が退場し、葬儀が終了となります。
こうした葬儀の流れについては式次第を頂いてからわからないことなど尋ねてみるといいと思います。