喪主・遺族の服装

参列者の足元

迎える側の服装

ここまでは主に参列者の服装マナーについて紹介してきました。
ただ、服装のマナーが存在しているのは参列者だけではなく、参列者を迎える側となる喪主・遺族についても同様です。
悲しみの中に有るとは思いますが、最低限守っておくべき喪主と遺族が気を付けなければならない服装のマナーについて紹介していきます。

喪主・遺族の服装マナーは「弔問」と「通夜・葬儀・告別式」で違っています。
まずは弔問の場合の服装について見ていきましょう。
弔問の際は喪主・遺族としても急なことで整理が付いていない、という前提で服装を選択することになります。

実際には突然亡くなる人ばかりではなく、心の構えがあって亡くなった人を送る場合もあるでしょう。
ただ、その場合でも死を予感していた、ということを対外的に表現するのは良くないこととされることがあります。
なので、参列者における通夜の服装と同じ様に、弔問における遺族の服装も地味な平服を選択するのが一般的です。

とはいってもこの辺りのマナーというのはだんだんと変わってきています。
参列者側も通夜に平服ではなく喪服で参列することが増えてきており、お互いに気にしない、という場合も多くなってきました。
そのことを考えると、それほど拘泥する必要はなく、この時点でも服を着ておいてもそこまで大きな問題とはならないでしょう。

通夜・葬儀・告別式

では、通夜・葬儀・告別式における服装マナーについても紹介しておきます。
参列者にとって通夜は訃報から間もないもので急いで駆けつけた、という体になりますが、喪主と遺族にとっては通夜の時点では十分時間が経っていますので、これ以降は喪服を着用するのがマナーとなります。
ただ、この辺りの服装マナーというのは実は地域差や宗派差が大きい部分もありますので、事前に葬儀業者などに相談しておくのも一つの方法です。

かつては喪主・遺族側の喪服は和装を利用するというのが一般的でしたが、最近では洋装で迎えるのが普通となっており、マナーとして和装になる必要はありません。
喪服については男性のものについて簡単に紹介していきたいと思います。

男性の場合はダークスーツに白シャツ、黒ネクタイ・靴下・靴が一般的な喪服となります。
ただ、喪主・遺族の場合には準礼装・略式礼装ではなく本礼装に当たる黒の燕尾服(モーニング)を選択しても構いません。
和装の場合には黒紋付と羽織袴というのが喪主側の礼装となります。

ただ、燕尾服の着用については注意することもあります。
あくまでも昼用の礼装なので通夜には適さない事と、喪主が準礼装の場合に他の遺族が着用するのは適さないことです。
後者については事前に喪主と遺族の間で相談をしておき、喪主がダークスーツとするようであれば遺族は着用を控えましょう。