香典の書き方について

社会人として知っておきたいお香典のこと

お葬式のこと、結婚式のこと、このようなお席に出席、参列することが、社会人になると多くなります。

学生の時などはこうした悲しみのお席や喜びのお席など、親がかりだったと思いますが、社会人になるとそうもいきません。
結婚式なら祝儀のこと、葬儀なら不祝儀の事等も大人の知識として理解しておくべきです。

通夜にいくか告別式に行くかどうかは、自分の時間の都合で決まると思いますが、その際にはお香典をもっていかなければなりません。
こうしたお香典の表書きなども、決まっている形がありますので、しっかりと覚えておきましょう。

香典袋とお香典の表書きの書き方

香典袋というのはどれも同じということではなく、葬儀の宗派、また故人の宗旨宗派に沿って使い分けることが必要となります。
また金額が少ないのに立派な香典袋を利用するということも避けておきたいことなので、そのマナー的な事を覚えることが大切です。

お香典を入れる香典袋は、ハスの花の絵が入っている場合仏教以外に利用できませんので、通常、一般的に利用されるハスの花の絵が入っていない御霊前と書かれた袋を用意します。

この御霊前と書かれている袋であれば、たいていの宗教のお通夜、告別式等に利用できます。
御霊前か御仏前か迷うという方もいるのですが、四十九日の法要までは御霊前を利用し、その後、100日からは御仏前という袋を利用します。

浄土真宗に関しては、人が亡くなるとすぐ仏になるという考え方なので、御霊前を利用せず、御仏前を利用します。

香典袋の表には水引の下、中央部分に薄墨で、御霊前という文字よりも少し小さい文字で氏名を記入します。
相手が読みやすいように楷書で書くことがマナーで、裏面には左下に名前、金額を書いておきます。

中袋がついているタイプもありますので、この場合、中袋にも氏名、住所、金額を明記します。
中袋は薄墨で書くこともありますし、濃い墨で書くこともありますが、薄墨で書く方が安心かもしれません。

薄墨と濃い墨の違いはなにか

弔事の場合、薄墨を利用して氏名などを記入するのですが、これは、涙で炭が薄くなったということを表しているもので、通常弔事には薄墨を利用します。
弔事は薄墨でなければならないということはありませんが、弔事は薄墨でもいいけれど、慶事は薄墨ではいけないということを覚えておく方がいいと思います。

濃い墨については、丁寧に墨をすったという証拠になり、故人の事を思いながら墨をすりましたということにもなるので、濃い墨でもいいという場合もあります。
しかし多くは薄墨で氏名などを記載していく方が多いため、薄墨の方が問題ないと思います。

漢数字を利用するということを忘れずに

最近はこだわりがないようですが、通常こうした不祝儀などの袋に記入する数字は、漢数字を利用します。
1は壱、2は弐、3は参、千は千、万は萬とかきます。

利用するお札は新札ではなく、利用してあるきれいなお札を用意します。
祝儀の場合、あらかじめ用意したお金ということになりますが、不祝儀の場合、死を待つということはないので、新札を利用しないのです。