ハンカチの色

白いハンカチ

葬儀で身につけるハンカチの色

喪主として葬儀に参加する時に、服装や持ち物は非常に重要です。
葬儀のマナーに沿わない小物を持っていたり、服装をしたまま参加してしまうと参列者の方々に不快感を与えてしまいますし、常識が無い人だと思われれば本人はもちろん、家族や故人にとっての恥となってしまうでしょう。
礼服はきちんとマナーに沿ったものを揃える人も多いですが、小物に関してはあまり気にしない人も多く、思わぬところでマナー違反をしてしまっている事もあります。
小物だからと思うのではなく、小物だからこそ人に見られる物だと考えてマナーにあった小物を用意しましょう。

小物の中でも特に気にしておきたいのはハンカチです。
ハンカチは葬儀の間に使う場面は非常に多く、それだけにきちんとした物を用意しておかないと使う時に思わぬ恥をかいてしまうでしょう。
では、葬儀の際に持っていくハンカチはどのような物が好ましいのでしょうか。
まず絶対に気をつけなければならないのはハンカチの色で、これは白か黒の物が好ましく、派手な色はもちろん色物のハンカチは持たないようにしなくてはいけません。
白や黒というのはハンカチ以外の小物の色としても好ましいので、葬儀に持っていく小物を選ぶ際には白か黒を基準として選ぶようにしましょう。

またハンカチは無地かフォーマル用の物が好ましく、柄物などはなるべく避けるようにした方が無難です。
もし持っていないという場合はスーツ販売店などで販売されていますから、購入しに行くと良いでしょう。
スーツ販売店ならばどういった物を購入すれば良いのかも店員に相談しやすいため、非常に重宝します。
さらに葬儀用のスーツなども一緒に買えますから、小物だけを購入するよりも葬儀用のスーツを購入する際に合わせてハンカチなどの小物を購入するようにしておくと良いでしょう。

葬儀でするべき服装とは

そして葬儀での服装については、男性ならばシャツは白無地でネクタイは黒無地の物を着るようにし、スーツはブラックスーツが基本です。
シングルでもダブルでもどちらでも格式は変わらないとされているので、好きな方を選んでかまいません。
女性の場合は洋服と和服で違っており、洋服の場合は上着は長袖、スカートの丈は正座した姿勢で膝が隠れる程度で、黒い服装が良いとされています。
和服の場合は基本的に黒い着物というのは当然で、その他に半襟、足袋をはじめとした様々な小物も黒で統一するようにし、さらに着物も季節に合った素材の物を着るようにしておいた方が良いです。
また、喪主は家紋が入っていた方が良いので、あるかどうかを確認しておきましょう。

葬儀で喪主となった場合にきちんとした服装や小物を身につけているかどうかは、喪主はもちろん個人の名誉にも関わる事です。
きちんとした服装を心掛け、葬儀の時に慌てて用意しなくても良いように準備をしておくようにしましょう。
スーツ専門店などに行くと、マナーに合ったスーツや小物を相談して購入する事もできますから、スーツ専門店を利用すると便利です。