男性の服装

フォーマルスーツ

男性の服装

弔事における服装のマナーとして、まずは男性が着用するべき服装について紹介していきます。
着用するべき服装のマナーは、「通夜」と「葬儀・告別式」で違いますので、それぞれについて把握して準備をしておくようにしましょう。
ただ、男性の服装に関するマナーは女性のものに比べると簡素であり分かりやすいので、それほど気を遣う必要がないことは先に触れておきます。

まずは通夜の場合の服装マナーについてです。
通夜は「故人の死を予想していなかったので急いで駆けつけた」という体で参列するのがマナーとなっています。
そのため、いきなり喪服で参列をすると逆にマナー違反となってしまう点には注意を払う必要があります。

とはいえ、もちろんカジュアルな普段着で訪問していいというわけではありません。
落ち着いたフォーマルな平服を着用していくのがマナーとなるでしょう。
ただ、このルールについては多少例外的な要素もあります。

まず、訃報から通夜までの時間が半日以上開いている場合です。
この場合は訃報を聞いてから十分準備することが出来る時間がある、とみなされるために通夜でも喪服を着用していってマナー違反とはなりません。
もう一つは、通夜には参列できるものの、葬儀・告別式には参列できないという場合です。

この場合も故人に対する礼として、他の日にはでられない非礼を詫びるという意味でも通夜に喪服で参列することが許されることが多いようです。
通夜に着用する喪服は略式のものでも構わないので、黒やグレーのダークスーツに白いシャツ、黒いネクタイ・靴下・靴を揃えていきましょう。

葬儀・告別式の服装

では、葬儀と告別式の場合の服装についても見ていきます。
通夜と違って葬儀と告別式については喪服で参列して構いません。
喪服で参列しましょう、ではなく、参列しても構いません、と言ったのには意味があります。

というのも、男性の服装の場合、フォーマルな平服であれば略式喪服に該当することになるために、ネクタイと靴下さえ揃えれば仕事の時の服装をそのまま利用してもマナー違反とはならないためです。
その上で、細かいマナーについても少々補足を加えておきます。

まず、スーツについてはシングル・ダブルによるマナーはありませんので、どちらでも構いません。
シャツについては白が基本となっているので、柄の入っているものは避けるようにします。

ネクタイも黒が基本で無地のものを利用するようにしましょう。
結び方にはマナーがあるわけではありませんので、ワンタッチのものでも構いません。
ただし、ネクタイピンは過剰なアクセサリーと見られてしまう事があるので、避けた方が無難です。

同じくカフスについてもアクセサリー扱いとされてしまうことがあるので注意しましょう。