キリスト教の葬儀マナー

最近多くなってきているキリスト教の葬儀

海外の方が国内に暮らすことも多くなっている現代で、キリスト教式の葬儀に参列されることも多くなっていると思います。
グローバル社会になり、海外でキリスト教式の葬儀に参列する機会もあると思いますので、キリスト教式の葬儀のあり方などを理解しておく必要があるでしょう。

キリスト教式で行われる葬儀は、仏式とは大きく異なる事が多く、初めて参列される方はかなり戸惑います。
どのような葬儀になるのか、注意点などを紹介します。

キリスト教式の葬儀はカトリックとプロテスタントがある

キリスト教式にはカトリック、プロテスタントがあり、それぞれに葬儀の違いがあります。
通常キリスト教式の葬儀は、故人が所属されていた教会で行うことが多いです。

カトリックの場合は入堂聖歌として参列者が神父を無和え、棺はいったん入口に安置され、神父が入ってくると聖水と祈りがささげられます。
その後、神父と一緒に棺とご遺族が入場します。

開式の儀があり、次いで葬儀のミサを行います。
言葉の典礼と感謝の典礼がおこなわれるこのミサでは、言葉の典礼として神父が聖書を読み、説教を行い、参列者で祈ります。

感謝の典礼ではご遺族が祭壇にぶどう酒とパンささげ、信徒が神父から聖体を受け取ります。
告別式は、入堂聖歌、聖歌斉唱、弔辞、弔電の紹介、献花という流れになり、最後の遺族のご挨拶があり終わります。

プロテスタントの場合、故人は神の下で安らかになるという考え方を持っているため、祈りは神のために行います。
葬儀も神様への感謝、またご遺族を慰めるという趣旨のものとなります。

入場から始まり、聖書朗読、祈祷、牧師による説教、その後弔辞、弔電の紹介があり祈祷、オルガンの奏楽、告別の祈りと献花、遺族挨拶で終了です。

カトリックでは聖職者のことを神父と呼び、プロテスタントの場合牧師といいます。
礼拝の歌についても、カトリックは聖歌、プロテスタントは讃美歌です。
こうした違いもありますし、葬儀の流れ、また考え方なども全く違うので、カトリックなのかプロテスタントなのか確認しておくことも必要となります。

御花料についても知識を持っておくこと

キリスト教の場合、お香典、お焼香がありませんが、その代わりに献花を行います。
お香典の代わりになるのが御花料と呼ばれるもので、故人とのお付き合いの深さ、年齢によって金額にも違いがあります。

ご両親の葬儀という場合は、5万から10万、兄弟姉妹その配偶者という場合には3万から5万、祖父母の場合1万から3万、その他親類も1万から3万位です。
ご友人という場合には5000円から1万、ご友人の親御さんについては5000円位といわれています。
包む際には、百合の花、十字架などがかかれた熨斗袋、若しくは白無地の封筒に入れ、表書きに御花料とフルネームを書きます。