香典の金額相場

葬儀のお香典はいくらつつんでいけばいいの?

祝儀や不祝儀の金額などは、ある程度理解しておくことが必要です。
特に葬儀というのは、いつ何時行われるのかわからないことなので、急に近しい人、お世話になった人などがお亡くなりになり、葬儀に参列するという場合、お香典の事や服装などについてわからないということが無いようにしておくべきです。

年齢を重ねていくと次第に葬儀への参列経験も多くなりますので、お香典の額なども自然と理解するものですが、若い人は葬儀に参列した経験等も少ないため、礼儀、マナー、またお香典の額などもわかりにくいと思います。
ただお香典の額というのは地域によって違いがあるということもありますし、隣近所、また親類同士で不祝儀の場合はいくらにしようと決めてあることも少なくありません。

年代によってお香典の額が違うということを覚えておくべき

お香典は年代によってまた、故人との生前の関係によって金額が違ってきます。
同じ会社の人が○○円出すと聞いたから自分も・・・と思わず、どういう関係なのかよく考えてお香典の額を決定します。

通常、会社関係の方がお亡くなりになった場合、職場関係の場合、20代、30代なら5000円、40代以降は5000円から1万円、友人関係という場合、20代は3000円から5000円位、30代、40代は5000円位、地域の関係も同じくらいです。
問題は親類関係で、祖父母の場合は20代は1万円、30代は1万から3万、40代以上は1万から5万、両親が亡くなった場合、20代は5万から10万、30代、40代以上は10万と、どういう関係なのかによって金額がかなり大きくなります。

血の濃い人ほどより金額が大きくなり、兄弟姉妹の場合は20代の場合は3万、30代、40代以上が5万、叔父、叔母という場合は20代、30代で1万、40代以上は1万から3万となっています。

お香典のNGも理解しておくこと

お香典については、2つのNG行為がありますので、これはしっかり覚えておくことが必要です。
昔はお香典に新札を利用してはいけないという習慣があり、これは、お葬式があるからと事前に人の死を予測し用意していたとご遺族に感じさせてしまうからといわれていました。

現在でもこうした新札を利用しないという風習は残っていますので、新札で持っていかないことが必要となりますが、かといってくしゃくしゃのお札ではマナー違反です。
最近は新札を二つ折りにしてから包む、比較的きれいなお札を選ぶということが一般的となっています。

またお香典に利用する金額は奇数が基本です。
偶数は陰を呼ぶ数と呼ばれていて弔事には利用していません。
四、九という数字も、苦しむ、死ぬという言葉を連想させるために利用しないようにします。