密葬・家族葬ついて

実は細やかな制約はありません

故人が生前に自分の葬儀は地味に執り行ってほしいなどの遺言があったり、少子高齢化の昨今、ごく身近な血縁者だけで執り行ったり、招待するとしても限られた友人、知人だけという場合、便宜的に個人葬、密葬あるいは家族葬などと呼んでいます。

参列者が何名から何名までを何々というなどという杓子定規な基準はありませんが、葬儀社や斎場などのセレモニーホールで、葬式を行う場合、自社のセレモニーホールの各広さに応じてあくまで葬儀開催側の都合で個人葬、密葬あるいは家族葬などと呼んでいます。

ですから葬儀社Aのセレモニーホール(家族葬用の小ホール)の収容人員が20名であれば、20名までを家族葬と呼んだり、葬儀社Bではセレモニーホール(家族葬用の小ホール)の収容人員が30名であれば30名までを家族葬と呼んだりしており、上限には細かな制約はありません。

ただし通常の一般的な葬儀と違うのは、不特定な参列者はいないことです。
例えば訃報の知らせを聞いたからと言って、葬儀に呼ばれてもいないのに「せめてご焼香だけは」というような参列者はありません。

個人葬

便宜的に最も小規模なのが個人葬で、参列者は喪主のみとか、喪主と夫人のみとか、喪主とその家族だけです。
多くても数名の参列者しかなく、その家の宗教に応じて菩提寺の僧侶を呼んで読経し、火葬してお別れするというものです。
ですから葬式を執り行う場所も自宅や斎場、あるいは菩提寺の本堂などで行うのが一般的ですね。

家族葬

また家族葬はその名の通り、親、兄弟、子、孫、祖父母、叔父叔母、甥、姪などの3親等以内の家族のみの参列なのですが、前述のようにセレモニーホールの規模に応じた、収容人員の許す範囲で、友人、知人も参列する場合が多くみられます。

密葬

密葬は基本的には不特定多数の参列者によるお別れをする場です。
例えば、本葬、社葬、団体葬などの日程を別に設ける変わりに、故人とのお別れをしみじみ執り行うために、親、兄弟はじめ、身近な血縁者と特定の友人、知人のみだけで事前に葬式を挙げる場合、そう呼ばれます。

個人葬と家族葬は、参列者以外には、葬式のお知らせはしませんが、密葬では、不特定多数の人たちへ、本葬のお知らせとともに、密葬を執り行う旨、参列を控えていただくようなお知らせを行うのが、通例です。
ちなみにこれらの葬儀では振る舞うためのお食事ではなく、故人の大好物をいただいて、故人を偲ぶのが一般的になります。

無論のことですが、大そうな粗供養品あるいは会葬御礼品の用意もなく、せいぜいお清めの塩と手ぬぐいぐらいを各参列者に持ち帰らせるぐらいです。