自然葬・散骨・樹木葬ついて

お寺のお地蔵さま

江戸時代から続く風習

我が国には江戸時代より続く風習をそのまま法律にした墓地、埋葬等に関する法律、通称墓埋法あるいは埋葬法という法律があります。
それには墓地以外の区域に埋葬、埋蔵してはいけないという条文があり、これに違反したものは遺体遺棄罪に問われるとされてきました。
しかし自然に帰りたいと生前に故人が思うこともあり、戦後賛否両論の論議を繰り広げてきました。
近代の最も有名な逸話では、前東京都知事が弟君の銀幕の大スターがお亡くなりになった際、遺灰を相模湾に散骨しようとして、マスコミや当時の政府、行政府に叩かれ、断念したという話があります。
古くは平安時代初期の淳和上皇、鎌倉時代の浄土真宗開祖の親鸞など、遺言にて遺灰を散骨した前例もありましたが、江戸時代に檀家制度が定着し、国民皆どこぞの寺院の檀家になり、亡くなったらその寺の墓に入るようになったのでした。
そして戦後焼失した国土から復興のさなか、1948年(昭和23年)に、法制化されたこともあり、それが現代まで慣習として続いていたのです。
しかし自然に帰りたいという声は年々大きくなり、現在はいくつか法令の文言が外され、火葬しない場合は墓地以外の区域に埋葬、埋蔵してはいけないという拡大解釈ができるようになり、自然に帰るよう遺骨を散骨するという自然葬が増えてきています。

子孫に負担をかけたくない

自然葬には海や川への散骨、山での散骨などがあり、最近では樹木葬と呼ばれるものも登場しています。
とりわけ海での散骨では豪華クルーザーで沖合に出て、乗員定員数が許す範囲で散骨に乗船参加し、散骨後には船内でお食事をいただくというようなコースもありますね。
前述の銀幕の大スターではないですが、生前海が好きだったという故人の葬儀には、人気上昇中の葬式形態になってきています。
一方樹木葬は散骨した地に樹木を植樹し、子孫末裔が墓替わりとしてお詣りできるようにしたもので、中には墓地の一角を樹木葬用のスペースとして、販売又は賃貸している民間墓地業者もあります。
ご丁寧にも植樹した樹木の面倒まで見てくれるというものまであるのです。
ただし墓地と意味合いは変わりませんから、野となれ山となれという自然葬という概念からはちょっと逸脱した埋葬形態になってしまいます。
しかし埋葬法では海や川に散骨することは、拡大解釈で認められるようになりましたが、後々散骨した場であると特定できる場合には、あくまで墓地という拡大解釈もできるわけで、そうなるとその辺の適当な場所に埋めるように散骨するということはできないことになります。
ですからこのようなサービスを提供する墓地業者が増加しているのです。
それに年々高額化する墓石代がかからないため、子孫に墓守の負担をかけたくないと願う方に人気上昇中の葬式形態です。