友人葬

友人葬という形の葬儀、みなさんは知っていますか?

近頃は葬儀の形にこだわりなく、非常に自由で個性的な葬儀もありますし、家族だけで最期を見送るという家族葬、また墓石を持たずに樹木を墓石の代わりにする樹木葬など、様々な葬儀があります。

このような自由な形の葬儀の先駆け的存在となった葬儀が友人葬ではないかと思います。
これも特別な規則があって古くから行われてきたという葬儀ではなく、近年作られた葬儀の形です。

友人葬はある宗教団体が行うようになった葬儀の形で、1991年ごろからはじまったといわれています。
ご遺族とお友達が集い、法華経の方便品、寿量品の自我偈を読む葬儀、また南無妙法蓮華経のお題目を唱え、お亡くなりになった方を真心で送り出すという葬儀です。

これまで日本で行われてきた仏式などの葬儀と比較すると、その流れなどに違いがあります。
宗教団体に属していない方々からも友人葬についてはよい形の葬儀として受け入れられ、実際にこうした葬儀の形にしているという方も少なくないようです。

僧侶がいない葬儀、導師を友人代表が務める

この友人葬には葬儀の際に当たり前のように存在する僧侶の姿がありません。
通常通夜、告別式など僧侶が読経をあげるものですが、この友人葬の場合、僧侶は呼ばない、お布施もない、故人に戒名を付ける事もないので、戒名料も必要ありません。

僧侶を葬儀によびお経をあげてもらうようになったのは江戸時代の事で、これは檀家制度が設立したから行われ鵜様になったといわれています。
例えば葬儀で僧侶が引導文を読まないと成仏できないとか、故人に戒名が絶対に必要となる、こうした考え方は仏教開祖と呼ばれる釈尊は考えていない、仏教の本義に照らすと僧侶が必要ということは絶対ではないと考えているため、僧侶のいない葬儀です。

しかし南無妙法蓮華経、お題目を唱える友人代表の導師、儀典長がこの役を務め、友人たちと一緒に唱えながら故人を偲ぶ時間が流れます。

友人葬と日蓮大聖人の仏法

友人葬として形が整えられたこの葬儀については、仏教の本義に照らしたあるべき姿の葬儀といわれています。
故人と成仏、さらに葬儀の形式は全く関係長く、仏法によると成仏はあくまでもお亡くなりになった故人が生前にどんな信仰心をもって行動をしていたかによるとされています。

葬儀で最も大切な事は故人を偲ぶ、悼むということでその真心こそ、葬儀の主軸となるもので、真心を乗せることができることがお題目による追善回向と考えている葬儀です。

非常に暖かな葬儀は故人のゆかりの方々、また友人たちに囲まれたお別れになります。
これから先、仏式とか神式などにこだわることなく、心のこもった葬儀をしたいというご遺族から、こうした友人葬が選択されることも多くなると思います。