ペット葬について

ペット葬とは

現代の日本では、猫や犬などのペットを家族同然として生活しているご家庭が非常に多く存在します。
ペットも人間同様にもちろん命があり、その命が病気などの理由でいつかは必ず亡くなってしまいます。

そんな家族とも呼べるペットが亡くなった時には人間と同じく、弔いが必要です。
そこでペットのお葬式、いわゆるペット葬を行わなくてはいけません。
それではペット葬とは人間のお葬式と何が違うのでしょうか。

基本的にペット葬は人間のお葬式と比べて、費用はそこまでかかりません。
お住いの自治体にペット葬を依頼するのであれば数千円で行えます。
また、民間企業に依頼するのであればペット葬の規模にもよりますが、高くても数万円が目安になるでしょう。

自治体に依頼する場合には基本的には合同の火葬となり、お骨は戻ってきません。
民間企業に依頼する場合には、費用は増えますが、その分個別にペット葬を行い、お骨を戻してくれる民間企業もありますので、費用だけでなくそのような点も事前に確認をした方が良いでしょう。

ペット葬を依頼するには

ご自分が育てたペットが亡くなってしまうことは非常に悲しい出来事だと思います。
しかし、人間同様にお亡くなりになってからはその悲しみに浸る時間があまりなく、ペット葬を行う手配をしなくてはいけません。

そんなペット葬ですが、一般的には自治体に依頼するのか民間企業に依頼するのかの二択になるでしょう。
自治体と民間企業でどのような点が異なるのかというと、合同での火葬か個別での火葬かという点でしょう。

もちろん、ペットの大きさや盛大にペット葬を行いたいかなどで費用の違いはありますが、自治体の場合は清掃局に依頼するので、個別の火葬ではなく、合同での火葬となるケースがほとんどです。

その点民間企業では、そのペットだけに焦点をあててペット葬を行ってくれますので、可能な限りの融通は利くでしょう。このような点が自治体と民間企業とで異なってきますので、ペット葬を行う場合には時間はあまりありませんが、事前に違いを知っておき、いざという時に迅速に対応できるようにしておきましょう。

ペット葬を行うまでについて

ペットが亡くなってからペット葬を行うまで、ペットはご自宅で保管されるのが一般的です。その保管方法ですが、第一に考えなくてはいけないことが、ご遺体を傷付けないようにすることです。

ご自宅にあるペットが入る程度の段ボールを準備し、その段ボール内にシーツを敷いてあげて、ご遺体を置いて下さい。そして保冷剤などをお腹や頭に当てた状態で毛布で包んであげることで最小限にご遺体を傷付けなくて済みますので、このような状態でペット葬を行うまで保管をしてあげて下さい。