仏式葬儀・キリスト教葬儀ついて

仏教

日本は仏式が多い

日本国内で、最も多い葬儀の形式が、仏式の葬儀です。
およそ90%以上の葬式が、仏教に乗っ取ったものです。
ただし、宗派により、細部で多少の相違があります。
主だった国内での宗派は、天台宗を先頭に、真言宗、臨済宗や曹洞宗などの禅宗、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗などですが、密教をはじめ、中国やチベット、タイなど海外の宗派を含めれば、いくつあるのかも不明なぐらいたくさんあります。
中でも、もっとのオーソドックスとみられるのが、信仰者の多い天台宗で、国内の殆どの葬儀社では、この宗派の葬式の形態が基本です。
通夜法要、告別式は友引を避け、菩提寺の住職やお坊さんにより、棺桶に寝かせられたご遺体を前に、法華経または阿弥陀経が読経されます。
真言宗では形式はほぼ天台宗を同じですが、真言・陀羅尼が唱えられ、僧侶は独特の密教法衣をまとい、ご遺体は白装束を纏い、棺桶に敷いた曳曼荼羅という布を敷いた上に載せられます。
禅宗も基本的には天台宗と同じで、違いといえば、読経が枕経諷経、観音経、大悲心陀羅尼、臨終諷経、遺教経、舎利礼文となる程度の違いですが、その土地土地による風土の違いがあり、特にご遺体が纏う衣は宗派というよりは郷土により異なるのです。
日蓮宗では南無妙法蓮華経は唱えられますが、形式的にはオーソドックスなものになります。
他の宗派と比較すると異なる部分が多く、また同じ宗派なのに流儀により、これという統一性のもないのが浄土真宗です。
ほかの宗派の基本は、ご遺体に対して読経しますが、浄土真宗では仏壇や掛け軸の本尊に向かって読経します。

礼拝の対象はご遺体ではない?!

つまりは葬儀の礼拝の対象はご遺体ではなく、阿弥陀仏であるということです。
また2大派閥の本願寺派、大谷派でもその他の少数派の流儀でも作法や仏具、ご遺体の衣、供物のそなえ方などに相違があります。
ですから浄土真宗以外の大抵の多数派の宗派であれば、ほとんどの葬儀社では、葬儀の規模や開催する場所によらず、対応することができます。
ただし浄土真宗の場合には葬儀社によって対応できるといいながら、他社から法具を借り物したり、中には斡旋業者のように委託することもなくはありません。
そうなるとマージンだけ取られて、高い葬式になってしまいます。
そうならないよう、きちんと自社でできるのか、入念な事前打ち合わせとともに、葬儀作法にも詳しい菩提寺となる全国各地にある別院や御教堂、教務所のご住職などに早急に相談されるのがよいでしょう。
また他宗教、例えばキリスト教では参列者の服装が洋装となり、お経に変わって、聖書朗読や讃美歌合唱などが行われ、お通夜を前夜祭と呼ぶことや、祭壇の装飾がキリスト教の礼儀の沿ったものになります。