3日葬

韓国

韓国で行われる3日葬

日本で主流となっている葬儀の形式は火葬で、日本に住む多くの人が体験する葬儀はこの火葬となるでしょう。
しかし、近年ではグローバル化が進んでおり海外の人と結婚をする機会も多く、それに伴って日本とは違う形式の葬儀に参加する場合も増えてきています。
世界に目を向けると葬儀の形式が日本と違う事も多く、日本と同じつもりで葬儀に参加すると思わぬ恥をかいてしまう事もあるでしょう。

近年の韓流ブームで韓国の映画やドラマなどを見た人は、その中で日本とは違った形式の葬儀をしているという場面を見た事があるのではないでしょうか。
韓国で行われる葬儀は3日葬と呼ばれるもので、3日3晩喪主や故人の家族が葬儀場で弔問客を迎えるという形式となっています。

3日葬とはどんな葬儀なのか

3日葬の1日目は亡くなった人の服を新しいものに替えて、白い布や布団を上からかぶせます。
遺影の両脇にはろうそくを立て、お香をたきます。
そして喪中などを知らせる紙を自宅の門や入口に貼り、謹弔と書かれた提灯を門の前につるす事で葬儀を行う事を知らせます。
その後故人の友人や知人などに故人が無くなった事を知らせ、葬式に関するもろもろの手続きを行う担当を決めるようになります。
1日目は葬儀そのものというよりも、故人が亡くなった事を知人や周囲の人達に知らせて、葬儀の準備を行う段階であると言えるでしょう。

そして2日目からは遺体を洗い、寿衣と呼ばれる服を着せて故人の口に水を含ませた生米を入れます。
日本では棺に入れるのは死後数日たってからという場合もありますが、韓国の3日葬では死後24時間が経過した時点で棺に遺体を入れるようになります。
屏風を棺の前に立てて、その前に遺影を置いてその両側にろうそくを立ててお香をたきます。
そして遺族側は喪服を着て弔問客を迎えて葬儀が行われます。
この時に8等親以内の親族は正装をしなくてはならず、もし韓国の方と結婚などをした場合に8等親以内の方が無くなった場合、きちんと正装ができるように準備しておきましょう。

3日目にはチェサと呼ばれる祭祀と告別式を行い、それが終わり次第故人の遺体が入った棺を出棺します。
この時に注意したいのは、出棺する時には頭の方から出なければいけないという点です。
出棺された棺は墓地まで運ばれると墓穴に入れられ、喪主が3回土を振りかけてから土をならし、その後きちんと土を盛りかけて墓を作り上げます。
そうして墓が作り終わると墓の前に霊座を作ります。
そこへお供えをしてから祭祀を行って家へと戻ります。
帰宅後は魂を家に迎えるために再び祭祀を行って3日目の葬儀は終わります。

3日葬の締めくくりは葬儀が終わった3日後に、お墓の前でお供えと祭祀を行います。
最後に喪服を脱ぐ事で葬儀が全て完了します。
また葬儀の後、近親者が故人であった場合は100日後に脱喪祭と呼ばれる祭りを行いますが、これは絶対に100日後でなくてはならないというわけではなく、人によっては49日目に行う場合もあります。

韓国で行われる3日葬は、日本とは形式の違う葬儀です。
もし韓国でこの3日葬に立ち会う事になった場合、さまざまなマナーなども違ってきますからきちんとマナーを覚えた上で参列するようにしましょう。