卒塔婆について

お墓にある卒塔婆の役割とは?

恐怖映画などでお墓の怖さを引き立てるものといえば、お墓に建てられている卒塔婆です。
何やら難しい漢字が書かれており、何本もの卒塔婆がお墓とともに映像にあると、非常に怖さを演出していますが、この卒塔婆、なぜ必要なのかみなさんご存知でしょうか。

そもそも卒塔婆とは何か?どうして立てる必要があるのか?よくわからないという方も多いでしょう。
しかし大切な人がお亡くなりになり、供養の際に必要になるものなので、その意味や利用するときなどを理解しておくことが必要でしょう。

卒塔婆は追善供養に用いるもの

卒塔婆は追善供養に用います。
追善供養というのは、「生きている人が善い行いをすれば、故人も善行となる」ということから行われる供養であり、その善行そのものが卒塔婆を立てることなのです。
各法要、お彼岸やお盆などの際、卒塔婆を用意し供養することで、善行となり故人にも影響する、だから卒塔婆を立てるのです。

卒塔婆はサンスクリット語の「ストゥーパ」からきたもので、このストゥーパは、お釈迦さまのご遺骨を安置している塔を指します。
この塔をもとに作られたものが五輪塔であり、この五輪塔を模して造られたものが卒塔婆です。
五輪塔は供養を表すものとなっているため、五輪塔の代わりに卒塔婆を立てることでそれが故人への供養となり、故人を慈しみ供養の心を持つ善行にあたるとされます。

卒塔婆には何がかかれているのか

卒塔婆は細長い板のような形で、そこには文字がかかれています。
ここに書かれている文字は州はなどによっても、微妙に異なる言葉となっていますが、例えば戒名(僧侶につけていただいた故人の法名)、没年月日(命日)、経文、さらに梵字(キャ・カ・ラ・バ・アという5つの梵字、これは空、風、火、水、地を表す言葉)に加えて供養の日に縁のある言葉の梵字、卒塔婆を依頼した人の名(施主名)、供養年月日(卒塔婆をたてた年月日)などが表面に書かれています。

裏面に梵字で大日如来という文字がかかれていることもあります。

卒塔婆の準備、処分

卒塔婆は菩提寺、霊園を利用されている人は霊園の管理を行っている企業等に依頼します。
事前に依頼しておくほうが無難ですが、訪れた際に依頼もできます。
必ず菩提寺、霊園に確認をとりましょう。

卒塔婆の費用は3000円くらいから10000円くらいです。
お布施、卒塔婆代と封筒に書きお渡しします。

供養のため、お墓を訪れるたびに卒塔婆を立てていれば、自然と立てるスペースもなくなりますし、古いものは朽ちていくため、処分が必要になります。
そのまま捨てるということはできませんので、必ず菩提寺や霊園の管理を行っている方に確認しましょう。