法事に出席する際のお供え物マナー

親類縁者の前で恥をかかないために

法事に出席する際には、お供え物を持っていきますし、親類縁者が集う法要では、マナーもしっかりしておきたいものです。

こうしたことに慣れていないと、法要の際にお供え物が必要なのか、どういうマナーがあるのか?わからなくて戸惑う方も少なくありません。
親類の中で恥をかくことがないよう、法事のお供え、マナーについて理解しておきましょう。

地域の慣習が関わるお供え物

実は本来、法要に出席する際、お供えは必ずしも必須ということはありません。
地域にもよりますが、現代では御供物料として現金を1万円から2万円くらい包むことが多くなっています。
しかしお供えに関しては地域性がかなりあり、お供え物を持ち寄って法要が終わってから出席した方々で分けるということもあるので、ご近所さんは親族などにどのようにすればいいか確認しておくほうが安心です。

何を準備すればいいのか・・ですが、ポイントはがさばらないもの、重さがあるものは避けるということです。
持ち運ぶ必要があるため、がさばると邪魔ですし、重さがあると持ち帰る方も大変です。
また出席者で分ける地域が多いので、分けることができるものを選択するということも大切です。

食べ物をチョイスする場合は、生ものなどを避け日持ちするものを選択します。
例えば佃煮や焼き菓子、果物、お線香やろうそく、お酒などの飲み物、さらに供花がおすすめです。
お酒は飲む人がいる場合に限り、もしくはお茶などが混ざった商品を選ぶといいでしょう。
殺生を感じさせる肉類、魚類の加工品などはよくありませんし、供花についてもバラなどのとげのあるものは避けます。

マナーをしっかり知っておこう

お供え物をお渡しする際のマナーを理解しておきましょう。
お供え物は必ず熨斗紙で包装します。

「四十九日前」であれば、「黒白水引のプリント熨斗紙」、「四十九日後」であれば、双銀の結切り水引の熨斗紙で包装します。

熨斗紙の表書きはお供え、粗供養、下段に自分の名前を記します。
お店の方に頼むほうが面倒もありません。

お渡しするときには仏壇にそのまま上げるのではなく、施主(法事をしきる遺族の代表者)にお渡しします。
「御仏前にお供えください」と声をかけるのを忘れないようにしましょう。
お供えではなく御供物料をお渡しする場合、表書きに御供物料、御仏前と書き(四十九日前の法要なら御霊前、ただし、浄土真宗ではどのような場合でも御仏前です)ます。

四十九日までなら水引の色は白黒、その後、黄白です。
御供物料の相場ですが、法要後の会食に参加する場合、10000円から15000円、会食に参加されない場合、5000円程度が相場といわれています。