お布施の相場と内訳について

金額を悩むお布施

お坊様に葬儀に来ていただいたとき、また故人の法要を行うときなど、必ずお布施をお渡しします。
このお布施というのが曲者で、決まった金額がないのでいくら包めばいいのかわからないという方が非常に多いです。

確かにお布施というのは、その方の気持ち、僧侶に対するお礼の費用なので、必要なことです。
ただでお経をあげてもらい供養してもらうことはできません。
お布施はどのくらいの金額が必要なのかと、恥を承知で僧侶に聞いてみても「お気持ちで結構ですよ」といわれるだけです。

葬儀、法事、そのほかいろいろな面で、支払うことになるお布施の金額について、その相場を調べてみました。

葬儀のお布施

お亡くなりになった方へお経をあげに来ていただくお礼、葬儀の際のお布施は、法要の際のお布施とは違います。
通夜、告別式、火葬の際、炉前で読んでいただく読経など、複数回お経をあげていただく必要があるので、法要よりも金額は高くなります。

日本消費者協会がアンケートしたところによると、あくまでも全国平均ですが、45万円くらいという結果が出ています。
この金額には、読経料に加えて戒名の費用、お車の費用、御前の費用などが含まれていますが、やはりかなりかかるということが分かります。

地域によって相場に開きがあり、一番安い北海道で31万円くらい、一番高い中部地方「愛知、静岡、岐阜、長野、山梨」では、60万が相場となっています。
地域によってお布施の金額には大きな違いがありますので、ご近所の方や近くに住む親せきなどにどのくらい必要なのか尋ねてみるほうがよさそうです。

法事のお布施

葬儀の場合、地域によってお布施の金額にかなりの開きがあり、高いところと低いところを比較すると2倍もの差がありましたが、法事の場合、地域によっての開きは少なく、低くて4万円ほど、高くても6万円ほどとされています。
この金額にも、読経、お車、御前などのそれぞれの費用が入っています。

ただし、四十九日の法要の際、お墓の開眼供養を合わせて行う場合は、法事のお布施(お車、読経、御前を含む)に加えて別途3間年ほど包むといわれていますし、法事の際に戒名をいただく場合、(本位牌に戒名をいただく)戒名料が必要です。
戒名料は戒名のランクがあり、それにより15万円程度から100万円程度と非常に開きがあります。
葬儀の際には法事の時よりもお布施の金額に大きな開きが生じているのですが、この開きこそ、戒名料の違いです。

最近は寺院手配サービスと呼ばれるシステムがあり、地域、宗派に関係なくお坊様を手配してくれるというシステムです。
この場合、お布施相場よりもかなり低い金額で済みますので、こうしたサービスを利用される方も多くなっています。