新盆の迎え方

新盆とは何か

大切な人がお亡くなりなると、通夜、葬儀、さらに四十九日があり、遺品の整理や役場に提出すべき書類などもあり、気ぜわしく過ぎていきます。
ちょうど、新盆を迎えるころ、少し気持ちも落ち着いてくるのではないでしょうか。

新盆はお亡くなりになった方の四十九日が過ぎ、喪が明けてから初めて迎えるお盆のことをいいます。
夏、お盆になると故人や先祖の魂がご自宅に戻ってくるとされ、迎え火をたいたり、迎え提灯を置き、故人の魂がご自宅に戻ってくるのを手厚くお迎えします。
四十九日の前にお盆がくる場合、翌年のお盆が新盆です。

新盆の時期は、地域によって異なり、旧盆で行う地域と新のお盆で行う地域があります。
旧盆は8月13日に迎え火をたいて、8月16日に送り火をします。
新のお盆は7月13日に迎え火をたいたら、7月16日に送り火をします。
一般的に東京などでは7月、そのほかの地域では8月の旧盆に新盆を行います。

新盆の準備

ご先祖様の魂がご自宅に帰ってくる日は、遺族にとって大切な日です。
懐かしい魂がひと時、自宅に帰ってきてくれる日ですから、しっかりお迎えしましょう。
まずは精霊棚をおきます。
祖先の霊を迎える棚でそこにその年の作物、また精霊馬をおきます。

精霊馬というのは、ナスやキュウリなどを馬や牛に見立てて、先祖の霊、新盆を迎えた故人の霊の生き返りの乗り物とされます。
自宅にくるときには早く来てもらえるように馬を、自宅から帰る際にはゆっくりと変えることができるように歩みの遅い牛を利用してくださいという願いが込められています。
盆提灯は帰ってきてくれる先祖の霊が迷うことなく家に到着するように目印となるもので、白提灯、また絵柄のある提灯が利用されますが、新盆の場合、「白提灯」です。

新盆で置いた提灯は送り火で燃やす、もしくはお寺さんで供養していただきます。
新盆の前に、お寺さんに確認しておくと安心です。

新盆でお供えするもの

新盆では一般的にお迎え団子、おちつき団子(お供え団子)、送り団子をお供えします。
8月13日(新のお盆は7月13日)には白いお団子やあんこ団子、甘辛団子などのお迎え団子をお供えし、8月14日から15日(新のお盆は7月14日、15日)、ご先祖様が滞在している間は、白いおちつき団子をお供えします。

盆が明ける8月16日(新のお盆は7月16日)には、白い送り団子をお供えします。
ただ種類に関してもしきたりがあるということはなく(地域によってはある)、どのようなお団子でもいいですし、日替わりでお供えするものですが、お盆中同じものを利用するというご家庭もあります。

新盆の流れ

新のお盆は7月、旧盆は8月、それぞれ、13日から16日の間に行います。
13日は精霊棚にお供え物などを置き、精霊馬を飾り、お仏壇からご位牌を出し精霊棚の中央においてお仏壇の扉は閉めます。
夕方、松の割り木などを利用し迎え火を行い、盆提灯でお迎えします。

14日から15日の間、遺族がそろってお墓詣りを行い、僧侶に読経をあげてもらい先祖の霊を供養します。
新盆の法要の後、会食されることもありますが、ない場合もあります。
先祖の霊が家に帰宅しているのですから、ずっと火を絶やさないようにすること、またお供え、お水なども毎日交換します。

16日は先祖がお帰りになる日です。
お見送りは夕方なので、最後のお供えを行い、お祈りをします。
夕方になったらお帰りになる時間です。
祖先の霊を見送るため、送り火をたいて、家に帰ってくる際の目印としていた白提灯を燃やし(お寺さんで供養してもらう)ます。

こうして新盆が終わります。
新盆は僧侶もかなり忙しい時期なので、早くに法要の依頼をしておくことが必要です。
会食の予定がある場合、僧侶が参加できるかどうかも確認しておきましょう。
この際、白提灯をどのようにすればいいか確認しておくと、後が楽です。