法事の費用相場と行う場所について

知って起きたい法事の心得

喜びのお席は準備する時間があります。
おめでた婚であっても、結婚式をいつ行うのか考える事ができますし、早く行わなくてはならない!という状況にありません。

しかし人がお亡くなりになった場合、有無をいわず通夜、葬儀の準備が必要であり、日がたてば四十九日、一周忌など法要を行う必要もあります。
待ったなし、期間限定で行うことが多いのが弔い行事、供養行事だと心得ておくべきです。

誰しも身近な人、大切な人がお亡くなりになる事は想像したくないものですし、突然の死もありますので、ショックが癒えないままに法事を摂り行うこともあります。
悲しみの中にあっても、故人が笑われないように、しっかり準備を行っておくべきです。

法事とほうじのく区切りとは

法事というのは故人の霊を慰めるために行う儀式です。
古くから行われている事であり、地域性もあります。

一般的に仏教の場合、四十九日まで7日区切りで儀式を行う必要があり、四十九日が過ぎると今度は、年ごとの年季法要が開かれます。
四十九日まで7日区切りで法要が行われる理由は、7日ごとに「閻魔様によって功徳に対する裁判が7日ごとに行われる」とされるためです。

人がお亡くなりになると最初の区切りが初七日です。
お亡くなりになってから7日目に行いますが、最近は葬儀の際、初七日まで済ませることもあります。

死後に次の生を受けるまでの今生と後生の間の期間を「中陰」と呼ぶことがありますが、四十九日はそれが終了する「満中陰」と呼ばれ、故人が死後、どこに行くのか最終決断される日とされています。
そのため、この日は特別に手厚い法要を行い、できる限り極楽浄土へ迎えるように祈りをささげるのです。

四十九日以降は、100か日、一周忌、三回忌、去らに七回忌、最終的に三十三回忌で弔いあげとなるのが一般的です。
七回忌までは故人にゆかりの深い友人、また同僚の方などをお招きしますが、通常、七回忌から親類縁者、家族のみで法要を行います。

法要はどこで行う?いくらかかる?

昔法要はお寺さん(菩提寺)やご自宅にお坊様を招き行っていましたが、最近は菩提寺を持たないご家族も多く、また住居の事情もありご自宅で法要できない事も多いです。
会館などを利用して行うご家族も多くなっていますが、どこで行っても法要は法要です。

場所などは関係なく、法要を行うことにより故人をしのび、思いだし、供養の気持ちを深く持つことが重要です。
お寺さんで行っても、ご自宅で行っても、会館などを利用しても、供養する気持ちが深いものなら場所はどこでも同じです。

お寺さんで行う場合、お布施、御前代など用意します。
ご自宅に来ていただく場合、また会館などで行う場合、お車代も必要です。
お寺さんで行う際には、お布施、御前代のほかに本堂などをお借りした際には、場所代として御席料を包みます。

一般的にお布施は3万円くらい、御前は5千円から1万円くらい(お車代を含むと1万円)、さらに御席料を包む場合には1万円くらいです。
ただしこうしたお布施などの必要な費用は、地域によって、またお寺さんによって相場に違いがあります。
できれば地域の見識深い方、親戚、ご近所の方などに確認してみるといいでしょう。