法事に出席する際の服装とマナー

法事のマナーはしっかり知っておくべきこと

結婚式などの祝い事のお席では、少々失礼なことがあっても「お祝い事の席だから」と許されることもあります。
でも法事のお席は亡き人のために追悼の気持ちをもって出席することになります。
社会人としてマナーを守り、ご遺族の失礼のないように出席したいものです。

結婚式でも花嫁と同じ白い服装は避けるべき、それがマナーです。
法事のお席では、どのような服装で行くべきか、理解されているでしょうか。

通常、法事のお席に出席する場合、略礼服で出席するとされています。
しかし小物類なども気を使います。
法事のマナーをよく理解し、ご遺族の方々に失礼のないようにつとめるべきです。

法事での服装

法事の略礼服と呼ばれる服装は、男性の場合スーツが望ましく、女性はワンピースが望ましいとされます。
平服で・・・といわれた場合でも、男性は黒いスーツ、女性は黒のワンピースで出席すれば間違いありません。

男性は黒のジャケット(シングル・ダブルいずれもOK)、白いワイシャツを着用し、靴下、ベルト、靴などすべて黒で統一します。
女性は黒のワンピースもしくはスーツです。
夏でも肌の露出は控え、黒もしくは肌色のストッキング、エナメルなどの光のない黒い靴を履きます。

バッグ、髪飾りなども黒でそろえ、アクセサリーはつけていくようならパール、もしくはオニキスなどが礼儀とされます。

法事で一番迷うのはお子様だと思いますが、学校指定の制服があるようなら制服を着ていきます。
制服が無いようなら、男の子は紺、黒のブレザー、女の子は黒、紺、グレーなどのブレザー、スカート、もしくはワンピースで出席するのがマナーです。
もしも、黒のスーツが用意できない場合、出席する前に施主に確認します。
黒ではなくても、ダークグレーなどの暗い色目の服装であれば、法事であっても失礼になりません。

気を透けて起きたいこと

冬に法事があるとコートを着ていくことがマナーとして許されていますが、会場では必ず脱ぐこと、夏場の場合、ノースリーブなど露出が多い服装は避けることがマナーです。
小物に関しても光物は避けます。
時計、ネックレス、指輪(結婚指輪はOK)など光のあるものは避けなければなりません。

また殺生のイメージがありますので、豹柄など動物を連想させるものは避けます。
ヒールも5cm程度が望ましく、それ以上は避ける必要があります。
最近はサンダル的なイメージの靴などを履いてこられる方もいますが、これは失礼に当たります。
バッグは出来れば黒一色、なければできるだけ金具がついているものを避けることが必要です。

法事そのもののマナー

法事は誰でも参加できる通夜や葬儀とは違います。
ご遺族から法事に出席していただきたいというご意向を受けて出席するものです。
そのため、参加してほしいと招待されたら、できる限り出席するのがマナーです。

もしどうしても参加できないという場合でも、お供物、お香典などを郵送するなど弔いの気持ちをもっておこたえしましょう。
また法事の案内が来たら、ご遺族の準備もありますので早めに出欠の連絡をすること、遅くとも、1週間前までには出席するのか、欠席するのか意思表示をします。

お香典の額は故人とのお付き合い、また関係性によって違いがあり、通常相場は1万円とされています。
ご夫婦で出席される場合、2万円から3万円を基本とし、お付き合いが深いという場合には、お供えを別に準備するなど心がけましょう。