檀家になるメリット・デメリット

檀家を持たないご家族が多くなっている

日本では古来より、菩提寺を持ちお寺さんの檀家となってそのお寺の墓地にご遺骨を埋葬することが多かったのですが、最近は菩提寺を持たず、檀家にならないご家族も多くなっています。
お寺さんでも、檀家ではない方のお墓を建立するということも可能とするところが多くなってきています。

檀家になるということは様々な費用が掛かることもあり、菩提寺を持たないというご家族が多くなっているのですが、故人を手厚く弔ってもらえる、永代供養していただけるということを考えると、やはり菩提寺を持っておくほうが安心という方が多いですし、新しくお寺さんの檀家になり、お墓を建立するという若い世代もいます。

檀家になるということ

檀家になるということは、特定のお寺さんに所属する、いわば、お寺さんの会員になっているという状態になります。
家族単位で檀家になるため、自分が檀家の申し込みを行っていなくても、ご両親が檀家となっていれば、自分も檀家となっていますし、そのお寺さんにお墓があるということは、檀家であるということです。

お墓の供養や管理をお寺さんのほうでしっかり行ってくれます。
その管理や供養をしていただくために、お布施という形で費用を払います。
昔はお寺さんの改修や建て替えなど行う際、大きな状納金を支払ったものですが、最近はそれほど多くの経済的負担はないといわれます。

お寺さんによってお布施の相場なども違ってくるので一概に費用はそれほど掛からないといえませんが、昔ほど経済的な負担になることはありません。

檀家になるとどういうメリットがある?

何よりも大きなメリットは、手厚い供養をしていただけるということです。
最近は民間の霊園などを利用される方も多くなっていますが、お寺さんは常に供養をし続けてくれているので安心です。

お盆など僧侶が忙しい時期は、檀家以外だとお寺さんでも対応できないことがありますが、檀家であれば、優先的に法要を行ってくれます。
また仏事があった場合、いつでも相談できますし、仏事に詳しくないご遺族でもいつでも知識を得る機会が設けられるという点もメリットです。

檀家になることのデメリット

檀家になることのデメリットは、やはり経済的な面です。
檀家になる場合、入檀料という費用が必要になります。
また志納金という檀家になるための会費的なものを支払うこともあるので、一般的に10万円から30万円くらいかかります。
これは大きな負担です。

お寺さんで修繕などを行う際、必ず支払わなくてはならないということはありませんが、寄付をしなければならないこともあります。
特に古くから菩提寺と縁が深いというご家庭では、ご寄付の金額も大きなものとなる場合もあります。

また自由が利かないということもあります。
お墓はこういう形にしたいという場合や、法要の形など、お寺さんのしきたりに従い行う必要があるので、ルールを守る必要があるということもデメリットです。
檀家になるということはメリットもデメリットもありますが、お墓は長きにわたり子供も利用することになりますすので、しっかりと考えておくべきでしょう。