四十九日法要を行う際の事前準備

四十九日は故人が仏の元へ向かう日

地位や名誉、人種などに関わることなく、命あるものにはいつか命果てるときがくる、誰もが分かっていることですが、大切な人を亡くすというのは非常に悲しい出来事です。
どのような死であっても、悲しみがありそこには永遠の別れがあります。
しかし亡くなった方をしのび、悲しみ、思い出に暮れる時間はお亡くなりになった方が成仏するためにも大切な時間であり、ご遺族にとっても必要な時間です。

通夜、葬儀が終了し、亡くなってから四十九日が過ぎたとなれば、故人は仏さまのもとに向かいます。
それまで、魂は現世に残っていて四十九日、迷うことなくあの世にいけるよう、四十九日の法要を行うのです。

四十九日は仏さまのもとに故人を送り出す大切な法要を行います。
迷うことなくあの世に行けるように、ご家族はしっかり準備を行い、納得のいく法要を行うことが成仏への道ではないでしょうか。

四十九日の法要に向けて

仏教において四十九日の法要は、人がお亡くなりになり閻魔様の裁きを受けたのち、四十九日になって極楽浄土へ迎えるかどうかの裁きを受ける日です。
遺族は7日ごとに法要を行い、これによって極楽浄土へ行けるよう供養を行うのです。
その最後の日、裁きを受ける最終日となる四十九日は大切な日となります。

親族など多くの方が集まることになりますので、早めに日程の調整を行うこと、また式場を手配することが望まれます。
本来はお亡くなりになってから四十九日たった日に行う法要ですが、多くの方にお集まりいただけるようにと、最近はその近くの土日などに行うことが多くなっています。

菩提寺がある方は菩提寺で、ない方はセレモニーホールなどで行います。
葬儀が終わって間もなく、こうしたことを決めるのは心がつらいものですが、しっかりとした法要ができるようにできれば1か月前までには日程、式場を決定します。

様々な手配

日程と式場を決める際、僧侶の都合を確認します。
僧侶が来ていただける日を確認してから法要の日程、場所を設定するほうがいいでしょう。
そのため、僧侶への連絡は早めに行うべきです。

お墓がすでに準備されている場合、四十九日の法要で納骨を行うことが多いので、納骨法要も併せて依頼することが必要となります。
菩提寺がないという場合でも、派遣サービスをしている企業などがありますので確認してみましょう。

法要の知らせは、案内状で行います。
お身内だけで済ませる場合、電話でも構いませんが、日程や場所の勘違いが起こる可能性もありますので、案内状のほうが安心です。

四十九日の2週間前までに済ませておくこと

四十九日までは通常、白木のご位牌が利用されていますが、四十九日を境に本位牌に魂を移すことが必要ですし、お仏壇がある場合、開眼法要が必要です。
戒名を本位牌に文字入れすることも必要なので、2週間くらい前には手配しておきましょう。
お仏壇を新しく購入される場合、すぐに購入できないものもありますので、これも2週間くらい手前に準備しておくことをお勧めします。

法要の会食を行う場合、その場所の設定や時間の設定、参列された方にはお香典返しとなる引き出物が必要となるため、その手配もしておきましょう。
会食されない場合、折詰弁当、お酒などをセットにしておきます。
こうした準備をしっかり行い、四十九日の法要が滞りなく進み、故人の魂が安心して仏さまのもとに行けるようにしておきましょう。