四十九日法要の際の服装マナー

四十九日の法要は大切な法要

四十九日というのはただ単にお亡くなりになった方への法要を行うということではなく、仏教の中では故人が死後、極楽浄土に行けるのか、それとも地獄に落ちるのか、その判決が下される日とされています。
人がお亡くなりになるとまず閻魔様の裁きを受ける事になりますが、その最終決定が行われるのが四十九日です。

この日を境に、あの世とこの世の狭間のような場所にいた故人は、いずれかの死後の世界に旅立つことになるのです。
四十九日は故人の分岐点となる大切な日なのです。

法要は初七日から始まり、7日を単位として7週目にあたる四十九日に大きな法要を行います。
この日は初七日、また7日区切りで呼ばなかった親類、また故人と縁の深かった友人も含めて読経を行い、迷うことなくあの世に旅立てるように冥福を祈る重要な日です。

四十九日は喪服?

四十九日の法要で遺族は正装します。
つまりブラックスーツです。
正礼装となるため、ブラックスーツ、ワンピース、アンサンブルなどを着用します。
参列される方は、正礼装ではなく一般的な喪服を着用します。

ストッキングは黒、バッグ、靴も光沢のない黒を用意します。
アクセサリーはパール、オニキスなど葬儀の際にしていけるもの、男性は特にベルトなどに光物が利用されていないか注意が必要です。

寒い時期の四十九日

寒い時期も四十九日の法要は、遺族が正礼装、参加者は喪服、これに変わりありません。
ただ冷え込んでいる時、コートなどが必要な場合には、喪服の上からコートを着用していいとされています。
ただし、会場に着いたらコートを脱ぐ、また屋外のテントに焼香台が用意されている場合でも、小康を行う際だけ、寒くてもコートを脱ぐのがマナーです。

またコートですが、法要では葬儀同様、殺生を嫌うため、コートであっても毛皮だったり、動物を連想するような柄は着用しません。
失敗しやすいのが手袋、マフラーなどの小物です。
これも服装の一部と考え、動物柄などを利用したものは利用しないように注意しましょう。

夏暑い時期でも、法要では肌があまり露出しないような服装を心がけます。
勿論参列者であっても袖なしなどはマナー違反ですし、胸が大きく開いている服装などは避けなければなりません。

法要は法要です

葬儀とは違い、法要はそれほどマナーが厳しくないといわれます。
ただ、ご遺族はいまだ悲しみが癒えていない方もいらっしゃいます。

弔いの心、供養の気持ちを持って参列するということを考えれば、おのずと、失礼のないような格好を心が得ようと考えるはずです。
柔軟性がある法要でも、地域性などもありますので、周りの方から見て法要にふさわしい格好をしていくことが求められます。