お悔やみの言葉

お悔やみを伝える

通夜にしろ葬儀にしろ、参列者が行なうべきことの一つとして遺族に対するお悔やみのことばを述べる、ということが挙げられます。
このお悔やみの言葉にもマナーがあり、掛けるべき言葉と、掛けるのを控えるべき言葉が存在しています。
そこでここでは、実際にいうことが出来るお悔やみの言葉と、言わないべき内容について具体的に紹介します。

まず最も一般的なお悔やみの挨拶は「この度はご愁傷様でございました。謹んでお悔やみ申し上げます」というものです。
この内容であれば特に問題を感じる部分もなく、自然に遺族へのお悔やみを伝えることが出来るためにスタンダードな内容となります。
基本はこの言葉から始め、その後に自分と故人との関係性に合わせて付け加えていくのが良いでしょう。

例えば生前に世話になった人が亡くなったという場合には「ご厚情を思うと痛惜の念に絶えません。心からご冥福をお祈りします」といった内容を付け加えるのが適切でしょう。
さらに、長く会っていなかった方が亡くなった場合には、「ご逝去の報せにただ驚いております」というような内容を添えるても構いません。
ある程度のマナーさえ守れば自由に自分の気持を伝えることは問題ありませんので、形式にとらわれ過ぎないようにして良いでしょう。

使ってはいけない言葉

では、お悔やみにおける最低限のマナーとはどのようなものなのかを紹介していきます。
お悔やみには縁起の悪さなどから使ってはいけない表現というものがあります。
これらの表現のことを「忌み言葉」と呼びます。

まずは、生死に関して直接的な表現をするのは控えるということです。
死亡、ご生存中、生きている頃、というような表現は生死を直接的に表現してしまっているために避けなければなりません。
それぞれ「ご逝去」「ご生前」「お元気な頃」といったように言い換える事ができますので、これらを考慮して言葉を選ぶようにしましょう。

他に縁起の悪い言葉として避けられるのが、重ね言葉です。
「重ね重ね」や「たびたび」、「ますます」などといったような同じ言葉を2つ重ねている言葉のことをいいます。
また、それ以外でも「再び」や「続く」「追って」というような死に連なることを連想させてしまう言葉についても忌み言葉なっているので、これらを使わないように気をつけるようにしましょう。

あとは、宗教による禁句もあります。
仏式葬儀の場合には「浮かばれない」「迷う」といった言葉は故人の死後を汚す言葉となるために禁句です。
逆にキリスト教式の場合については死がネガティブなものとして捉えられるような言葉が禁句となり「お悔やみ申し上げます」も人によっては嫌がる場合がありますので、事前に確認しておくことが重要でしょう。