忌み言葉

ハッ!とした男性の顔

忌み言葉を避ける

通夜・葬儀・告別式における弔辞や弔電、参列時の挨拶では、使ってはいけない表現というのがあります。
それが一般に「忌み言葉」と呼ばれるものです。
忌み言葉にはいくつかの分類があり、なぜ使っていけないのか、ということが違っています。

まず、一般的な忌み言葉となるのが「重ね言葉」というものです。
「重ね重ね」や「ますます」「返す返すも」といったような同じ表現を二度繰り返す表現のことをいいます。
これらの言葉は「不幸が重なる」という意味から遺族への配慮として利用しないのがマナーとなっています。

弔電や弔辞においては原稿を事前に書くことが出来るので、これらの表現がないことを確認するようにしましょう。
普段通りに話しているとついでてしまう重ね言葉も多くありますから、最も気を付けなければいけない忌み言葉となります。
挨拶の場合にはその場で述べなければいけませんから、なおいっそう注意するようにしましょう。

さらに、表現としては同じものを繰り返しているわけではないものの、意味として「不幸が続く」ことを連想させてしまうものも同じく忌み言葉となります。
「追って」や「再び」「続く」といったような表現がこれにあたります。
また、見落としがちなものとして「なお」があり、これも不幸が続くことを連想させる表現となってしまうために使わないように注意しましょう。

宗教による忌み言葉

重ね言葉による忌み言葉は葬儀の宗教式を問わないものですが、忌み言葉のなかには宗教によって違っているものもあります。
例えば仏式の葬儀の場合に忌み言葉となるのが、冥路に関する言葉です。
例えば「浮かばれない」と言う言葉や「迷う」といったような言葉は、故人の死出の旅路に不吉を感じさせてしまう内容となるために仏式葬儀における忌み言葉として扱われます。

逆に神式やキリスト教式の葬儀においては、仏教用語を使うことが一つの忌み言葉として扱われることがあります。
ただ、これについては現在では一般的な語彙として親しまれるようになっていることもあり、よほど敬虔でない相手であればそれほど気にされることはありません。
とはいえいちおう一例を示しておきます。

「成仏」「供養」「冥福」「往生」といったような言葉が仏教用語の忌み言葉となります。
これらの表現は仏式葬儀においては極めて一般的であり何の問題もない言葉ですが、他宗教の葬儀において使うと問題となる場合があります。
ただ、創価学会は元々日蓮宗からの派生である仏教型の新興宗教であるために、これらの忌み言葉は気にされない場合が多いようです。

忌み言葉の類は意識していないとでてしまうようなものにも含まれています。
事前に用意出来る場合にはしっかり見直し、そのような表現がないように確認しておきましょう。